意志の力

 おっかさんがまだ認知症になる前によくワシに「だんだん歳をとっていくと未来という言葉が忌まわしい響きに聞こえてしまう」などと溢してたんですわ。

 結局のところ人間にはどーしようもないサイクルでありワシらはその中で生きているのだから、言わば「死も生の内にある」を理解して人生を経験するしかないのだなぁとワシの中で落とし前をつけてはいる。ものの・・・。

 ふと、おっかさんが歳をとっていくたびに死に近づいていくあの恐怖から逃れるために意志の力が働いて自ら認知症になったのではないのかって思ったり。だとしたら壮大な脳みその仕掛けに唸るしかないなぁと、なんとなく今が幸せそうなおっかさんを見ててそう思いましたのさ。

c0339627_19543082.jpg


[PR]
トラックバックURL : http://snakriding.exblog.jp/tb/23626102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よんばば at 2015-03-06 08:16 x
認知症には「神様の贈り物」という言葉もあるようです。
周囲の人、とりわけその人の男の子供にとっては若かった母、美しかった母、きちんとしていた母・・・の記憶が強く受け入れがたく辛い状態なのでしょうけれど、ご本人にとっては幸せかもしれないと私も思います。
だんだん自分を失っていく途中の段階にはもしかしたら恐怖や心細さもあるのかも知れませんが、ある境地まで達したら、まさに神様の贈り物、かと思います。
老いることは、辛い現実を受け入れることでもありますから。
Commented by ride-t at 2015-03-07 08:04
おはようございます、よんばばさん。
>認知症には「神様の贈り物」という言葉もあるようです。
おぉ、すごい言葉ですね、これはでも確かに言える節がありますね。
どーも、ワシはワシの幼い頃の記憶の中の母と今の母をまったく別の人として認識しているような気がしますわ。たぶんそうせずには冷静でいられない強迫観念にも似た切羽詰まったものがそこに在るのでしょうなぁ・・・。
いずれにせよ、今を幸せに生きるための精一杯のことを楽しむように心がけてますわ。
興味深いコメントありがとうございました(^―^)
by ride-t | 2015-03-05 19:55 | 介護課 | Trackback | Comments(2)

バイクとか写真とか介護などをして暮らすオッサンのブログ


by RIDE(ライド)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31