可視化された時間

 今日は風が強く、遠くの波は細かな白波が立っていた。それはまるで小魚が大群で泳いでいるような錯覚を引きおこした。ワシは過酷な暑さと喉の渇きに気をつけながらある種の飢えを感じて広大な海に抱かれに来た。

 忙しさの真ん中に開いた時間の中で、のんびり波を見ているとここだけの時間の流れと言うか、進み方があるのだなぁと身体が感じていた。俯瞰で思えば、この風と波がワシに見えた ”地球の時間” であろうか。世界の深部で地面を這うような重低音のベースがうねりながら流れていく、そんな光景が頭の中に現れたり。全ては想像力が鍵となる。

 暑さは思考力を奪うが何も無くなった脳に閃くのはイマジネーションだっ。

c0339627_21364124.jpg


[PR]
トラックバックURL : http://snakriding.exblog.jp/tb/24400596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よんばば at 2015-07-15 06:43 x
美しい風景ですねえ。
この美しい景色の中から生命が誕生し、長い進化の果てに生まれた人類が、この美しい風景を壊している・・・。
アメーバにも劣るような愚かな人類が、憎み合うことを止め、兵器や原子力を放棄し、自然を破壊することをやめる日など、しょせん来ないのでしょうか・・・。
Commented by ride-t at 2015-07-15 19:50
こんばんは、よんばばさん。
海ってぇのはたえず表情を変えてるので撮り時が難しですなぁ^ ^

>アメーバにも・・・
人類史上、争いが無く平和だった時って多分皆無では無いでしょうか・・・人間はそーゆー動物であるとしっかり認識し直さないと未来はテレビゲームのような世界になってしまいそうですなぁ・・・。
by ride-t | 2015-07-15 03:45 | ちょい哲 | Trackback | Comments(2)

バイクとか写真とか介護などをして暮らすオッサンのブログ


by RIDE 高岡ライドと申します。
カレンダー