どうしようもない現実と向き合って、一つ一つ夢を潰していく事が普通になった

 さとて、おっかさんの認知症状がハイペースで進行している事は前回書いたが、ここ数日はトイレの場所が分からなくなったり、自分の寝室へ行くのに家の中で迷子になったり・・・ホンマに悲しい事だわ。


 ワシとしては手を取って連れていく様にしているけれど、その時のおっかさんの手が、ワシの手をものすごく硬く力を入れて両手で握りしめている。「嗚呼、おっかさん。迷子になって独りでよっぽど心細かったんだろうなぁ」と察した途端、ワシは涙が溢れたわ。


 出来る限り良き笑顔で過ごせるよう、なんとかサポートしよう。とは言うものの、今週は法要が4件もあるので、その都度のおっかさんの出動でワシはヘトヘトになる。これが現実だっ。疲れたワシの顔から笑顔が消えてしまう事が一番ダメなんだろうなぁ、ここをナントカせんとのぅ。


 もう、ワシは未来の夢を見る事もしなくなったなぁ・・・そーゆー年頃はもう過ぎてるんだけれど、こうして何かを一つ一つ諦めていくのが日常的になったわ、なんか悔しいなぁ。


c0339627_14144833.jpg


[PR]
トラックバックURL : http://snakriding.exblog.jp/tb/24921245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 新田流命 at 2015-11-10 21:20 x
お久しぶりです。
他人の私が何を書いてもzankuroさん(すみません。敢えてこのお名前で)の辛さや悔しさ、お母様の不安をとりのぞくことができませんが、何か書かずにおれず、コメントさせていただきました。

私はzankuroさんのブログに力をもらい、今、自分の母と向き合っていられていると思います。
私もいろんなものをあきらめながら生きてきましたが、あきらめた先に新しい何かを見つけることだってあると思っています。

自分の母は、ある時期からよく握手を求めてくるようになりました。
母もきっと不安なのでしょう。
がんばっているzankuroさんには大きなお世話でしょうが、時々、お母様の手を握られては如何でしょうか。きっとそれだけで少し安心されるのではないかと思います。
すぐに忘れても安心は、思いやりは心の底に必ず残るはずです。きっと。
押しつけがましいコメントだと自分でも思います。でも、
諦めるというのは明らめるということでもあるそうですから、辛い日常の先をどうか明らめてください。

zankuroさんもお母様も健やかで穏やかな生活を送れますように。

長文、乱文、失礼しました。

Commented by ride-t at 2015-11-14 09:04
おはようございます、新田流命さん。

「手を握る」のはずっと以前からしてましたが、ここに来て両手で握るようになったので、何か一つ進行したのだなぁと思いましたわ。
なかなか状況はキツイですが、まぁダメなものはダメなのでまず無理に踏ん張る事はやめましたわ。これからは全部状況に応じて流すことにしました。


コメント感謝です!!
by ride-t | 2015-11-10 14:16 | 介護課 | Trackback | Comments(2)

バイクとか写真とか介護などをして暮らすオッサンのブログ


by RIDE 高岡ライドと申します。
カレンダー