町内アポトーシスと斑内ネクローシス

 昨日の嵐が嘘のように晴れ渡った週末の午前、青い空がとても気分がいいぜぇぃ。町内当番のワシはすっげぇ面倒くさいのを我慢して、配りモンがあるのでワシの住む「一斑」の家々に配りに出た・・・ホンマなら電話かけて「ワシんちまで取りに来い」って言いたいわ(笑)

 さとて、配り物を小脇に抱えたワシは足取りも軽くチャッチャと数カ所の事業所も周りもうすぐ終わるなぁと安堵していたのに、同年代からちょっと上の奥さん達に捕まり世間話の相方にされてしまい無駄に時間を潰したわ、ええーいっ。

 その後、釈放されたワシは数件の留守宅を残して配りモンは終了した・・・。

 もーーーー、ほんっっっとオバちゃんってなんであんなに喋んのさ、しかもクソ寒い玄関先で延々と。ワシは話を無理やり終わらせるためにチンチンの一本でも出してやろうかと思ったけど、町内なのでやめといた・・・ちなみにワシのチンチンは上下に動くのは当たり前として、実は左右にも自在に動かせる。ふっふっふっ、すごかろう・・・うそ。

 その後なんとなく思ったのだけれど、ほとんどの家が老夫婦の二人暮らしで若い人が居ない。ワシの五十四歳というのはとても若くてパツンパツンらしい(笑)そして、ワシの住むこの一斑はもう数年もすると半分ぐらいに減ってしまう勘定が確実にできる・・・笑っちゃいけないけど年寄りばかりで寿命が見えているような班なのだ。

 まぁ日本全体が高齢化しているので今更どうこうは無いのだけれど、現実に目の前に高齢社会を見せられると、ちょっと未来に不安を抱いてしまうのは仕方が無いのだろうか・・・グニョングニョン。

c0339627_13524201.jpg
貝拾い


[PR]
トラックバックURL : http://snakriding.exblog.jp/tb/25242021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by コルキナ at 2016-01-31 17:48 x
やあライドさん。こんばんは。毎日寒いね。

 「花井沢町公民館便り」(連載中)という漫画があってね。

 近未来、シェルター開発中の事故で、人間だけが外に出ることが出来なくなり、あと数世代で全滅すると分かっている地方の小都市で暮らす、様々な人々の群像劇。

 このエントリを読んで思ったんだけど、もうその事故は起きたような気がする。全世界で。

 あとはただ時が過ぎるのみ、なんてね(笑)。
Commented by ride-t at 2016-02-03 00:48
こんばんは、コルキナさん。

あ、このマンガ読んでみようと思っていたモノですわ・・・すげい必然(笑)
最近、マンガの貸本ばっかしてますわ。最近のマンガって面白いのばっかですねぇ。

では「花井沢町公民館便り」読んでみます(^―^)
by ride-t | 2016-01-30 13:53 | 家庭科 | Trackback | Comments(2)

バイクとか写真とか介護などをして暮らすオッサンのブログ


by RIDE 高岡ライドと申します。
カレンダー