風転(ふうてん)

 オカンの未来は二転三転してて、そろそろ四転半ぐらいになっているのではないかと思う。多分、一周して予定調和が保たれるのだろうなぁ(笑)

 骨折の箇所は金属の関節が入ってて歩行器使用ならば歩くことが出来る状態。しかし24時間常時見守りが必要な事と、認知症が進み暴れ出す回数が異様に多くなった。なのでオカンが家に帰ってもワシが介護が出来ないのでどこかの施設に入ってもらうしか手立てがない。

 うちの親は二人とも人の言うことを聞かないで我を通す事に積極的だから、病院や施設や社会性の強い場所ではどーなのだろうかと心配ばかりさせられるが、現実的に「オカンの幸せ」を考えての決断でもある。家に帰ったら共倒れが目に見えているのだっ!!

 夢も希望も何もかも東京に捨てて帰って来たあの瞬間からやっと時計の針が動き出すような気がする。世間の何もかもが白けて見えてて、感情の機能が最低レベルで生きてきたような気がする。落ち着いたら、ワシはやっと昔のように心の底から何かを楽しんだり笑う事ができるのかもしれんのぅ・・・失われた10年だなっ、まったく天晴れな10年だった、クソッ。

c0339627_06160131.jpg



[PR]
トラックバックURL : http://snakriding.exblog.jp/tb/25410495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ride-t | 2016-03-15 06:23 | 介護課 | Trackback | Comments(0)

バイクとか写真とか介護などをして暮らすオッサンのブログ


by RIDE 高岡ライドと申します。