2014年 10月 25日 ( 1 )

穏やかな日差し

 午前七時半、冷え込んだ空気に包まれた朝だったが太陽の暖かな日差しを受けて洗濯物を干しているワシの身体がポカポカとしていた。せっかくの晴天だし、週末だし、ワシはここ数十年良いことがなんにも無いから(笑)ちょっと走ろうかと思ったのはその時で、すぐさま頭の中で今日一日のシミュレーションを流しバイクで走る時間があるかを探った。

 おっかさんがデイに行ってから正午までの三時間は完全にワシのものになるのを何度も確認してからバイクのカバーを取り払った。

 能登島を横断する森の中の一本道を走っていると突然路面の濡れている場所に出くわした。雨が降ったのかと思った矢先、風に煽られた木々から滴り落ちる大量の滴がワシを狙ってきた。丁度、トトロがバス停で待っている時に傘に落ちてくる雨のようなあんな感じだっ。

 一瞬でずぶぬれになったワシは風を受けて身体を乾かそうとアクセルを開けた。スピードに乗ってスリリングなワインディングを走っていると濡れたことも家のことも介護のことも仕事のことも、裏のマンションのいつも濡れた瞳でワシを見るちょっと引っかかる熟女な奥さんのことも全部忘れ去った(笑)いつもの朝練のように攻めきれはしなかったが、まぁまぁハッピーになれたライディングだった。

c0339627_13053768.jpg


[PR]
by ride-t | 2014-10-25 13:06 | 二輪部 | Trackback | Comments(5)

バイクとか写真とか介護などをして暮らすオッサンのブログ


by RIDE(ライド)
カレンダー