2015年 12月 18日 ( 1 )

心地よさの残像

 姉ンちにお湯をもらいに行ってきた。

 この風呂は暖房が効いているので全く寒くないのが素晴らしくいいっ。ワシんちの風呂は隙間だらけで、更にタイルの床が冷たくて夜半過ぎには入る気さえなくなる。

 オカンはデイサービスで入っているので安心だが、ワシは暖かな日中しか入らず、しかもワシはシャワーだけだ。なので姉の家で入る風呂は温泉の居心地なのだ。駄賃としていつもは焼き芋を差し出している(炊飯器で蒸かした芋はとてもあまいのだっ、笑)


 その家々に様式があるように、ワシんちにはこたつが無いが姉んちにはある。風呂上がりこたつに足を突っ込んでぼんやりテレビを眺め、姪っ子2号とそのダンナと姉とあーだこーだと談話し、ピーちゃんを撮ってから帰った。ちなみに超選美眼を持つワシが言うのもなんだが姪っ子は1号2号共に美人の部類だっ!!・・・なんであの姉から?(笑)

 帰ってから仕事場に入り現像しているとまだ身体がポカポカなのが分かる。心地の良さの残り香みたいなものがワシをまとっているのだろうか、いずれにせよ週に一度のリセットのような感じでワシはお湯をもらいに行っとる。

c0339627_00254456.jpg
ピーちゃんです。
パルちゃんとかピーちゃんとか犬ばっか撮ってますがワシは猫が好き!!


[PR]
by ride-t | 2015-12-18 00:27 | 家庭科 | Trackback | Comments(0)

バイクとか写真とか介護などをして暮らすオッサンのブログ


by RIDE 高岡ライドと申します。
カレンダー