2016年 09月 23日 ( 1 )

インターカラー

 ヤマハインターカラーのタンクにワシは一目惚れだった。だから3ヶ月待ちでも我慢できたんだと思う。デザインは至って平凡で特にワシに訴えるハイテンションな造形は無い。がっ、奥ゆかしい美しさがある。だからこいつは牝だっ。まだ魂は入って無い。知らぬ間に入り込み、ふと気が付いた時にはワシの魂と共鳴しているハズだっ。

 カウリング無しのシンプルなネイキッドマシンは確かにワシの遠いあの日を思い起こす。18歳の頃ワシが初めて乗ったマシンにどこか似ている。最近のバイクのトランスフォーマーぶりを考えれば、このようなオーソドックスなスタイルは独自の品が見える。

 このマシンの特筆すべき点はエンジンだっ。ワシが今まで乗っていたドゥカティは2気筒、こいつは3気筒。世間に流通している大型マシンの多くは4気筒なので比較的珍しいエンジン形式でもある。ところがこいつがクソ面白いワケだ。

c0339627_16020678.jpg

 このエンジンとシャーシで既にMT-09とトレーサーと言う二種の別マシンがデビューしている。だからこいつは3兄弟の末っ子という事になろうが、エンジンとCPU特性は熟成されている。

 まだバイク屋のピットにあるのだが今日はちょっくら見て触ってタンクを舐めてきた・・・いわゆるマーキングだっ(笑)

 という事でこいつでワシの極端に異質な人生を謳歌する事にした。

 あ、そうそう、こいつの名は「XSR900」だっ。ドゥカティは1000ccだったのでちょっと減ったが、パワーは30馬力ほど上がっている。

c0339627_16021224.jpg
ワシは吊るしのまんま乗ら無いので色々と作業する事がある。
なのでバイク屋の二台目が時間をかけてセットアップしてくれた、感謝!!
ヤマハのマシンはSRX以来30年ぶりだっ。



[PR]
by ride-t | 2016-09-23 16:10 | 二輪部 | Trackback | Comments(4)

バイクとか写真とか介護などをして暮らすオッサンのブログ


by RIDE(ライド)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30