2017年 11月 23日 ( 1 )

音楽の行方

 ワシの消費行動で一番大きいのが音楽で、iTunesStoreから月に3アーティストのアルバムを漁っている。例えば、乃木坂46、マーカス・ミラー、スティーブ・レイボーンなど(笑)データ売りなので安いのだが、昔で言えば輸入盤に相当するのか?

 昔はレコードでもCDでも国内版と輸入盤があって、特に国内版はライナーノーツやら歌詞カードやらポスターやらの付録付きでワシにとって余計なものがあり過ぎるのでまず買わなかった。

 輸入盤はイギリスやアメリカからのもので、海外では売れれば売れるほどCDが安くなるシステムになので助かるし、余計なものがなかった分、シンプルで良かった。

 ワシは本でもCDでも「帯」を捨ててしまう。欲しいもの以外は興味無いしコレクターでも無いので、今のデータ売りが性に合う。が、モノは手に入れたい性格でもあるのでストリーミングだけでは満足出来ない。

 さとて、今後ネットが子供から老人まで浸透したら音楽の未来はどんな形になっているのか興味はあるが、販売の形や聞く形が変わるだけで本質は変わらないのだから、未来永劫、音楽は音楽なんだよなぁ。

c0339627_13510463.jpg
紅葉
暗すぎて色もディテールも潰れてしまっているけれど、頑張ったiPhoneを評して


[PR]
by ride-t | 2017-11-23 14:02 | 音楽科 | Trackback | Comments(2)

バイクとか写真とか介護などをして暮らすオッサンのブログ


by RIDE 高岡ライドと申します。