カテゴリ:家庭科( 79 )

最悪な日

 早朝四時ぐらいだったかトイレで用をたし流した瞬間「ハッ、これわ」と気がついた。詰まっとるわトイレ。以前にもあったので詰まった時の水流の動きでよく分かる。あの時はまだおとっつぁんが生きていた頃で、コンクリ壊して配管掘り起こして大掛かりな工事なって・・・30万だったよ。今回はまぁそんなにはならないハズ。

 でだっ、不幸はまだまだ続く(笑)

 トイレの水が溢れかえってきて水浸しになった。ウンコじゃなかったのが不幸中の幸いだっ(笑)タオルや新聞で水を拭き取って綺麗にして時計を見たら朝の五時。朝からワシはなんでこんなに大汗かいてんだよって思いつつ最後に丁寧に拭き取っていたら「んっ!! なんだこのゴミは」と、柱の隙間から粉々の木屑のようなものが・・・

「どあぁぁぁぁぁぁ、これは、シロアリが木を食った時に出す粉だあぁぁぁ」

 もうこの時点でワシは魂が抜けたような感じですなぁ、あるいは、矢吹ジョーが真っ白になった時のようなあんな感じ(笑)で、シロアリの殺虫剤だけはあるのでそれを穴の中に打ち込んでプッシュしたらシロアリがドバドバ出てくる出てくる。

 つまりだ、過去の経験から言うと地上の柱まで侵食しているので床下は食われ放題になっているんですなぁ・・・三年前にシロアリ退治を業者にやってもらった時、この離れのオカンとオトンの部屋はやんなかったんですよ、それはとてもとても畳をまくり上げられる状態じゃなかったからなんですなぁ・・・ゴミ屋敷でした。

 と言うことでトイレの詰まりとシロアリと・・・まぁシロアリは庭の木を伐採しない限りいくらでも出てくるから庭の伐採もしなきゃぁならんけど、もう素人では無理なので庭師に頼むしかない。

 で。いろいろ算出したら頭痛くなったのでしばらく放置することにした、もうどーでもいいわ状態です、あはははははは~、みんな死ねっみんな不幸になれっ(笑)

c0339627_10215899.jpg
姪っ子2号撮影・・・鎌倉の大仏さんです
もうアレだなっ、不幸な記事は大仏さんにお清めしてもらうわ


[PR]
by ride-t | 2016-08-08 10:25 | 家庭科 | Trackback | Comments(0)

テレビっ子時代を超えて

 実に35年ぶりにテレビを観る気になったのに(笑)民放のコンテンツがつまらないくだらないなさけないのでアマゾンのプライムビデオをWiFiで飛ばしてテレビで観ようかと色々調べていたら、なんと、なんと、なんとゲオチャンネルに「デューン」と「ヒドゥン」が置いてあるのを見つけた。これはすごい事だっ。

 こーゆーサービスで色々探したけれどどこにも無かったんだよ、なのにゲオチャンネルにあるなんて。この2本は不屈の名作なんだよ、ワシにとっては。

 と言う事でゲオチャンネル3ヶ月ほどだけ入会してみようかと・・・dTVやHuluの方が圧倒的に映画数多いからねっ。

 そして今度はゲオもアマゾンも両方テレビに飛ばせる仕組みを探す事に・・・なんかChrome castだと両方いけるみたいなのでちょっと熟考する事にした。

 てゆか、テレビコンテンツとして一番面白味のあるのはNHKオンデマンドなんだよ。アレは大河ドラマとかネイチャーとか色々美味しいコンテンツがてんこ盛りなんだわさ・・・どーすっかなぁ。まぁそんなにテレビ観てる時間もないけど、でもせっかく観る気になってんだし、でも、あー、たかがテレビでこんなに悩む時が来るなんて・・・。

 と言う事で熟考の末、アマゾンもゲオもiMacで観る事で収まりました。何も変わらずこのままですね(爆)いや、デューン早速観たんだけれど、やっぱすげー面白いわ、名作です。

c0339627_10190345.jpg


[PR]
by ride-t | 2016-06-30 10:24 | 家庭科 | Trackback | Comments(0)

かき氷

 この写真を見ただけで頭がキーンとしてしまったわ(笑)

 子供の頃はいちごミルクが史上最高のかき氷だと信じて疑わなかったが、今はアンコもの以外邪道だと思っている。アンコに練乳が混ざっていると尚よろしいが、それはまさに糖尿一直線なので皆さんきよつけてください。

 この写真は姪っ子1号からのもので見ればチョコ? 抹茶? コケ? 味のかき氷なのか。にしてもてんこ盛りだっ。

 と言う事で梅雨寒の今、こんなの見ても食べる気はしないが来月の希望的食材として頭の隅に残しておいた。来月ぜってぇーかき氷食うぞっと、ワシの心のどこかが燃えている(笑)

c0339627_04334998.jpg
撮影、姪っ子1号(Ver3.8.0)


[PR]
by ride-t | 2016-06-24 04:36 | 家庭科 | Trackback | Comments(0)

ダークな心

 屋根下を直してからその夜、激しい雨が降ったがもう心配はいらない。この安心感は絶大だっ。他に何か直す箇所があるかと家の周りを回ると雪で外れた雨どいが数箇所あった。

 これはもう毎年の事なのでめんど臭いを通り越しほったらかしにしてあったのだが、直す事にした。雨どいの設置場所のミスなんだよなぁ、この場所だと必ず雪で外れてしまうんだよ。この家はそーゆー非常に頭の悪い大工が変なノリで建ててしまった不幸な家なんだよ。今で言うところの欠陥住宅だっ。しかも大工は下手すぎて廃業してるし、ホンマ怨むわ。

 と言う事で、呪ったろう・・・本人はもう逝ってるから、その家族全員が五週間ウンコ出ませんようにっ!!てなわけでワシの心がスッキリしたので次に呪いをかける相手でも探します。恨みをはらすのってすげー楽しい・・・生きてく方向が違うなぁ(笑)

c0339627_11072861.jpg
この空の色、海の色、全体の色味ホンマに好きやわ(青磁色ってヤツね)



[PR]
by ride-t | 2016-06-14 11:10 | 家庭科 | Trackback | Comments(0)

もわぁ~んとした感触

 窓を開けた瞬間から ”もわぁ~ん” とした空気が家の中に入り込み、割と快適だったはずの室内が淀んだような嫌な湿気を含んだ重い空気に縛られてしまって「嗚呼。窓を開けなければよかった」と強く後悔したのがまだ早朝のこと。

 昨夜ワシはうっかりして米を買ってなかったのでスーパーが開くまで飯が食えないのをわかっていたからコンビニでおにぎりを数個買ってきた。

 その時、歩いて行こうか車で行こうか随分と悩んだが結局楽して車で行った。車内ではベビーメタルのセカンドアルバムをそこそこでかい音で聞きながら窓を開け放っていたのだが、確かにあの時すでに「嗚呼、窓を開けなければよかった。なんか湿気が嫌だし、もわぁ~んとした空気が嫌だっ」と後悔したのだった。

 ワシはものの数十分前の後悔をなぜ忘れてしまうのか。と、また後悔して家の窓の外を眺めながら明太子おにぎりをもわぁ~んと頬張った・・・美味いなぁコンビニのおにぎりって。

c0339627_10065592.jpg
オイル交換終了


[PR]
by ride-t | 2016-05-26 10:08 | 家庭科 | Trackback | Comments(0)

買い替え

 仕事場のソファーの底が抜け落ちてもう二年になる(笑)座布団を三枚敷いて難を逃れているのだが限界が近づいているようだ・・・いや、もう限界越してるわ。なので買い替えを検討していたら今度はデスクチェアがぶっ壊れた。

 ガスが抜けてキャスターが折れて高さが低いまんま固定されてしまった。こいつも買い替えだなぁとぼんやりしていたら空気清浄機が白い煙を吐いて止まった・・・あーこいつもかぁ。こーゆーのは続くなぁ。とりあえずソファーとチェアだけはなんとかせんとアカンのぅ。

 という事で宝くじ当たりました・・・まずは千円。千円でも当たりは当たりだっ!!

c0339627_16434269.jpg
姪っ子1号撮影(修正ワシ)
レオ君!
結構でかいです。


[PR]
by ride-t | 2016-05-14 16:46 | 家庭科 | Trackback | Comments(0)

連想ゲイム

 玉ねぎとキャベツとニンジンとその他の野菜を炒め、それに甘辛のあんを絡めて焼きそばにかけて食べようと決めたのが一昨日の寝しなだったのでメモしといた。

 起きがけにメモを何べん眺めても意味がわからない。文字が文字でなく絵のようになっていた。

 ワシは何かとっても大切な事を書き留めたような気がしてならなくて、だんだんと気弱になり何かを喪失したかのような1日を過ごしていたが、スーパーの唐辛子の横にパプリカが並んでいるのを見つけた時に「嗚呼、そう言えば筒井康隆さんの小説にパプリカというタイトルのがあったなぁ」と思い出し、帰ってから久しぶりに読んでみようと決めた瞬間、あの寝しなに書き留めた事を全部思い出してそれぞれの食材を買って帰った。

 家に着いてから「あ、そう言えば筒井さんの小説のパプリカはアニメになってたんだよなぁ。で、その音楽が平沢進さん担当だったなぁ」と思い出し、ユーチューブでパプリカのエンディングテーマ「白虎野の娘」を久しぶりに聞いたが、いつ聞いてもこれは名曲だなぁと感動した。

 平沢氏の音楽は全て彼のオリジナルとして確立しているので尊敬する。世界中のほとんどのミュージシャンは誰かの真似、亜流、バリエーションでしかないとワシは思っているからだが(笑)

 で、あんかけ焼きそばはまだ作っていない・・・作るのかったるくなったから野菜炒めにしようかと思うがどうだろ? それとも初心を貫くべきか?

c0339627_03442927.jpg


[PR]
by ride-t | 2016-03-03 03:47 | 家庭科 | Trackback | Comments(4)

 昨日の嵐が嘘のように晴れ渡った週末の午前、青い空がとても気分がいいぜぇぃ。町内当番のワシはすっげぇ面倒くさいのを我慢して、配りモンがあるのでワシの住む「一斑」の家々に配りに出た・・・ホンマなら電話かけて「ワシんちまで取りに来い」って言いたいわ(笑)

 さとて、配り物を小脇に抱えたワシは足取りも軽くチャッチャと数カ所の事業所も周りもうすぐ終わるなぁと安堵していたのに、同年代からちょっと上の奥さん達に捕まり世間話の相方にされてしまい無駄に時間を潰したわ、ええーいっ。

 その後、釈放されたワシは数件の留守宅を残して配りモンは終了した・・・。

 もーーーー、ほんっっっとオバちゃんってなんであんなに喋んのさ、しかもクソ寒い玄関先で延々と。ワシは話を無理やり終わらせるためにチンチンの一本でも出してやろうかと思ったけど、町内なのでやめといた・・・ちなみにワシのチンチンは上下に動くのは当たり前として、実は左右にも自在に動かせる。ふっふっふっ、すごかろう・・・うそ。

 その後なんとなく思ったのだけれど、ほとんどの家が老夫婦の二人暮らしで若い人が居ない。ワシの五十四歳というのはとても若くてパツンパツンらしい(笑)そして、ワシの住むこの一斑はもう数年もすると半分ぐらいに減ってしまう勘定が確実にできる・・・笑っちゃいけないけど年寄りばかりで寿命が見えているような班なのだ。

 まぁ日本全体が高齢化しているので今更どうこうは無いのだけれど、現実に目の前に高齢社会を見せられると、ちょっと未来に不安を抱いてしまうのは仕方が無いのだろうか・・・グニョングニョン。

c0339627_13524201.jpg
貝拾い


[PR]
by ride-t | 2016-01-30 13:53 | 家庭科 | Trackback | Comments(2)

週末の朝食

 インスタントのポタージュスープやコーンスープ、カボチャスープなどに食パンをちぎって浸し、トロトロになったところを箸でつまんでズルズルッと口に滑らせるのがオカンの朝食だっ。端で見ていると食欲を無くすから凄い(笑)食パンと言ってもオカンはパンの耳を食わない。固いからだ、歯が無いから噛みきれないのだ。

 週末になるとワシは溜まったパンの耳をオーブンで焼いて食べる。何も付けず、ただ焼くだけ。スナックのような感覚で食べる。がっ、これがワシの週末の朝食になる。コーヒーとパンの耳だけ、実に質素だ(笑)しかしパンの耳にはしっかりとした味があるばかりかワシの好きな噛み応えなので嫌いではない。いや、むしろ好きだわ。

c0339627_14082082.jpg


[PR]
by ride-t | 2016-01-16 14:09 | 家庭科 | Trackback | Comments(0)

 と言うわけで、元旦から昨日まで晴れ渡った空が拝めてワシは幸せモンです。奇跡のような信じられない天候に気を良くしたので更新します(笑)

 で、大鍋で作った煮しめのような、おでんのようなモノはかなり美味しくて、ワシもおっかさんもハフハフしながら食べてしまい残り僅かになりましたなぁ。これは当りでしたね。次回作る時は昆布とか昆布とか昆布とかをベースにしっかりした味付けで、明確にこれはおでんじゃなくて煮しめなのだっと言えるものを目指します。

 と言う事で、次は肉ジャガですかね。歯の無い年寄りでも食べられるようにトロトロの肉にします。タマネギとニンジンと一緒にごま油で肉を炒めてからジャガをぶっこみ、我が家に江戸時代から伝わる「秘伝三百年旨味出汁の素」と甲州産風林火山ワイン赤印を少し入れて煮込むと柔らかい肉になるんですなぁ。当然ワシん家の肉は牛です。肉ジャガと言えば牛です、牛です、牛ですっ。

 地域によっては豚なんですな。ウチの町内でも分かれますわ、鳥も居るしネズミだってモグラだってスズメだってなんだって食うし・・・。そーゆーワケで、作った料理を撮って載せるほどワシは恥知らずな人生を送ってないので載せませんが、まぁイメージして楽しんで下さい。すべてはイメージから産まれるんですよ、奥さんっ!!!

c0339627_04182174.jpg


[PR]
by ride-t | 2016-01-04 04:23 | 家庭科 | Trackback | Comments(0)

バイクとか写真とか介護などをして暮らすオッサンのブログ


by RIDE 高岡ライドと申します。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30