カテゴリ:介護課( 33 )

おかんの定期検診

 定期検診日の今日は早朝から、てゆかワシは昨日も徹夜仕事だったのに早朝から町内の仕事を昼までしてて実はほとんど寝てないんだよなぁー。だからクッタクタだったけどそのまま二日目の徹夜仕事状態で今朝はおかんの定期検診に突入してさっきやっと帰ってきた。

 もう頭回ってないからおかんの症状がどーのこーのがまったく分かってない。で、そのまま施設に預けてきた。

 と言う事で今週末は一泊ツーリングなんですが、さっきまで二日ともに晴れだったのに最新データだと日曜日が雨らしい・・・いつもの事だし、まぁいいか・・・寝よ、おやすみ。

c0339627_12344295.jpg


[PR]
by ride-t | 2017-06-05 12:35 | 介護課 | Trackback | Comments(0)

オババ息災そら面倒

 今日のタイトルはオカンがこの十数年間常に主治医に言う言葉で、先生が脈を測ってから「どこか調子の悪いところはありますか」と尋ねる。その時に必ず言うのが「オババ息災そら面倒」と。

 意味は読んで字のごとく、オババが元気で長生きすればするほど周りの面倒臭さも増すと言う感じか。

 これを先生も看護師も聞くのを待っているような感じもするのだが、先月はなぜか言わなかったので先生が心配していた(笑)今日の定期健診では二回も言ったので先生も安心している風だったのがワシには可笑しかった。

 面倒臭いのはワシの手間ばっかしだけど、親孝行の枠内に入れておく事にしている(爆)

c0339627_11452396.jpg
立山連峰の見える町


[PR]
by ride-t | 2017-03-22 11:46 | 介護課 | Trackback | Comments(0)

オカンとワシ

 オカンの定期検診が終わった。前回、主治医にオカンの興奮的凶暴性を抑える薬を処方してもらい一月が経った。結果はまずまずでオカンは普通のオババになれそうだ。

 認知症に関して「今、さっき、ついさっき」はもう記憶できないが、過去の事は異様に覚えている。なので、昔の記憶の中に浸かって生きているような按配だが、それで本人が幸せならば良いかなぁと。

 でも・・・施設にずっといる事が嫌っぽい感じなので、定期検診の時はちょっとしたドライブ気分を味わってもらおうと道を選んだりしているのだが、それも数秒で忘れてしまうのでなんだかなぁって感じだ。

 以前にも書いたが、一日の中で何か一つでも楽しくて幸福な事があって欲しいなぁと切に願うばかりだっ。

c0339627_04283250.jpg
太陽の道


[PR]
by ride-t | 2017-03-09 04:31 | 介護課 | Trackback | Comments(0)

どーしてこーなった

 オカンの無双ぶりが施設の反感を買っててとにかくクレームが嵐のようになってきた。

 とりあえず今日主治医に相談に行くのだが「行動を抑制できる、または興奮を抑えておとなしくさせる薬を飲ませないと施設を追い出されるんです」と言えば先生は多分精神科を紹介してくれるんだろうけれど。

 もうヘルパーさんを雇わなきゃワシ一人だけで医者に行くのはしんどい。2分おきにトイレに連れて行けと叫ぶんだよなぁ。でもって誰かが入ってたらその人を攻撃するんだよ・・・こーゆー病気だから仕方ないけれど。

 認知症の症状の中に凶暴性があるんだけれど、オカンは暴言も暴力もやっちまうからなぁ・・・あーあ。

c0339627_03334621.jpg
OLYMPUS E3/60mm/F6.3


[PR]
by ride-t | 2017-02-06 03:38 | 介護課 | Trackback | Comments(0)

クレーム

 暮れに買ったデスクチェアの背もたれがぶっ壊れた。ワシが後ろに伸びをした瞬間バキッって壊れた。スチール製だぜっ、なんで折れるんだよって話だ。と言う事で悪魔のようなクレームを一発したが対応がクソだった。

 さとて、おっかさんが入所している施設から又してもクレームがあってワシの電話恐怖症はマックスに達した感があるのぅ。もうワシの携帯は電源切っちまおうかと思っとる。殆どラインで済むし(爆)

 認知症の症状には色々あって、おっかさんの場合「暴れる」「騒ぐ」「人に危害を加える」等々・・・ああ、胃がキリキリする。なので主治医に相談に行かにゃあならんのですわ・・・あーあー、こんなんばっかしやわ。

c0339627_10595734.jpg
OLYMPUS E3/76mm/f5.6
けあらし


[PR]
by ride-t | 2017-01-30 11:07 | 介護課 | Trackback | Comments(0)

定期検診の日

 オカンの定期検診は、まずワシが朝8時に医者に行って待合室に置かれてある ”順番表” に名前を書き込む。その時点ですでに5人ほど椅子に座って待っていた。医者は8時から開き、診察は8時半からだ。名前を書き込んだワシは施設へと向かいオカンを車に乗せてまた医者まで戻る。

 9時過ぎで25人ほど溜まっている。オカンの名前は6番目に書いたので早めに診察に呼ばれる。この名前書きのめんどくさい作業をしないと、仮に9時に行ったとして20人待ちで2時間強は優にかかる。

 早く終わった時は海岸線を流しタンカーや砂浜や岩礁を見て遠回りしてから施設に向かう。そんな時オカンはかなり喜ぶ。施設から滅多に外に出ないから嬉しいのだろう。が、遠回りして帰ってきてももうすでに海岸を見てきたことは忘れてしまっている。

 ワシは、車の中で喜んだオカンの感情が身体の中にしっかりと刻まれていることを願った。何かの拍子に身体が覚えていた喜びの記憶がよみがえり幸せな時間を過ごしてほしいと、切に願った。1日の中のどこかに楽しい時間が必ずあって欲しいと痛烈に願った。

 また2週間後に検診がある。ワシは2週間ごとに胸をチクチクとする痛みに捉われたり、楽しく笑って幸せな瞬間を過ごしたりしている。

c0339627_03205922.jpg
3年前のオカン・今はもうこの半分ぐらいの身体に縮んでしまっている
千里浜なぎさハイウエイ


[PR]
by ride-t | 2016-08-20 03:26 | 介護課 | Trackback | Comments(0)

シンパシー

 オカンの定期検診の日は朝九時過ぎに施設まで迎えに行く。施設内では車椅子を使っているので車に乗るには多少のコツが必要だ。

 がだっ、前回よりオカンが車に乗るのが上手くなっている。自立が困難なので支えが必要だが割とすんなり車に乗り込んだのでワシもちょっと驚いたし、施設のスタッフも「あら上手」と。

c0339627_04340550.jpg

 医者に着くと医者の車椅子を借りて待合室まで行くのだが、すぐに検尿があるのでトイレに行ってワシがオカンのスボンやらオムツやら全部しなきゃあならん。これが一番嫌だっ。暇な時は看護婦にヘルプしてもらっているが大抵は忙しそうだ。

 でだっ本題、院内ではワシと同年代のオッサン達が年老いた母親の介添えをしているのが目立つ。社会はそーゆー方向に向かっているのを如実に目の当たりにしてしまった感が凄かった。ハッキリ言うけれど、介護は突然やってくる。親が元気なうちからある程度の覚悟と準備は必要だと思う。ワシの場合、まだまだオカンに関わって行くのだが精神的不安感は拭えないなぁ・・・。

c0339627_04335883.jpg



[PR]
by ride-t | 2016-05-24 04:37 | 介護課 | Trackback | Comments(0)

通院

 オカンは二週間に一回、ニカ所の医者にかかっている。昨日は医者Aの日だったので施設に寄ってオカンを乗せて医者に行ってきた。約一週間ぶりにオカンを見たが右手が異様にむくんでいたので来週行く医者B(主治医)に相談する事にした。

 以前からむくみがあったが今まではナントカという注射でなんとかなっていたところ、骨折からこっち注射はしてなかったワケだが・・・骨折手術の病院とリハビリの病院とその関係の医者の三医院に翻弄されて主治医のところに行ってなかった報いか、医者がコロコロ変わるとロクな事がない。

 夏日のような今日、医者までの道を遠回りし桜並木を通った時、オカンが喜んでいたのが印象的だった。施設内でもやっと笑顔がチラホラと出てきたみたいでよかった。とにかく、楽しく笑顔で過ごして欲しい。思えば、家にいた時も独りが多かったからずっと部屋のテレビや電気をつけっぱなしだったのかもしれんのぅ。

c0339627_05172937.jpg
うちの庭


[PR]
by ride-t | 2016-04-07 05:18 | 介護課 | Trackback | Comments(0)

風転(ふうてん)

 オカンの未来は二転三転してて、そろそろ四転半ぐらいになっているのではないかと思う。多分、一周して予定調和が保たれるのだろうなぁ(笑)

 骨折の箇所は金属の関節が入ってて歩行器使用ならば歩くことが出来る状態。しかし24時間常時見守りが必要な事と、認知症が進み暴れ出す回数が異様に多くなった。なのでオカンが家に帰ってもワシが介護が出来ないのでどこかの施設に入ってもらうしか手立てがない。

 うちの親は二人とも人の言うことを聞かないで我を通す事に積極的だから、病院や施設や社会性の強い場所ではどーなのだろうかと心配ばかりさせられるが、現実的に「オカンの幸せ」を考えての決断でもある。家に帰ったら共倒れが目に見えているのだっ!!

 夢も希望も何もかも東京に捨てて帰って来たあの瞬間からやっと時計の針が動き出すような気がする。世間の何もかもが白けて見えてて、感情の機能が最低レベルで生きてきたような気がする。落ち着いたら、ワシはやっと昔のように心の底から何かを楽しんだり笑う事ができるのかもしれんのぅ・・・失われた10年だなっ、まったく天晴れな10年だった、クソッ。

c0339627_06160131.jpg



[PR]
by ride-t | 2016-03-15 06:23 | 介護課 | Trackback | Comments(0)

さくら

 洗濯物を取りにオカンの入院先に行くとオカンは相変わらずデイルームにいる。殆ど一日中だっ。病室が嫌いらしい。

 ワシがデイルームに行くとしばらくじっとワシの顔を眺めて「こいつ誰だろう」みたいな感じで勘ぐっているのがわかる。ワシが息子だと認識できるのは三回に一回の割合で、今日は分かった(笑)


 帰りのラジオの中はシーズンに合わせたように「さくら」を連呼する陳腐な歌詞の歌がひっきりなしにかかっていた。こいつら、さくらを日本の良心のように飾り立てて嘘くさい詩ばかりを歌っているが、もうワシらはそんな滑稽な歌には騙されない。

「さくら」の響きに日本的情緒の味付けをしたメロディで優しさの押し売りのような歌が大量生産されてこの時期否応無しにラジオ、テレビ、ネットストリームから流れてくる。ある意味、クリスマスソング一色のあの季節と同じくらい不幸な季節だとワシは思う。

c0339627_14070831.jpg


[PR]
by ride-t | 2016-03-06 14:09 | 介護課 | Trackback | Comments(0)

バイクとか写真とか介護などをして暮らすオッサンのブログ


by RIDE(ライド)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31