カテゴリ:写真部( 25 )

秋晴れ

 ここ数日の晴れ渡った空はカラリと澄んでワシの目にもカメラのレンズにもいい按配でよござんす。


 おっかさんの定期健診の帰りに海辺へ道草したり、ワシの朝練のコースを海岸沿いにしたりして細々と撮影して、改めて写真と向き合った日々をすごしましたなぁ。なのでしばらくの間は海の写真が続きますわ。氷見から七尾までの湾内と外海ですな・・・依然、咳は続くのであった(笑)


c0339627_08361964.jpg


[PR]
by ride-t | 2015-10-09 08:36 | 写真部 | Trackback | Comments(0)

さくら

 おっかさんの定期検診への通り道に桜並木があり、そこだけスピードを緩めてじっくりとさくらを眺めながら少し楽しんだ。少しと言うのは雨で窓を開けられず雨粒にまみれたさくらしか見られなかったからだ。

 さくらと言えばワシは毎年おっかさんを連れて夜桜見物に行っているので来週あたり気温が高い日があればと狙っている。

 やはり満開のさくらは心にブワッとした天晴れな心地をくれる。これはさくらならではのものだ。梅ではこーは行かない。さくらに教えられた訳ではないが改めて梅には梅の見方があるのだなぁと感じいった。

 とりあえず去年のさくらを載せてみたが、今年もこんなのが撮れたらいいなぁと思ったり・・・もうなんか以前のような集中力がないんだよワシ(笑)

c0339627_20381356.jpg


[PR]
by ride-t | 2015-04-06 20:39 | 写真部 | Trackback | Comments(0)

被写体

 数刻後には消え去っている光の存在をまず目が見つけ次いで心が引き寄せられる。そしてカメラと言う器の中に入り込んだ光りがワシのイメージとシンクロして外界に放出される事によってだけ被写体はここで知られる事になる。

 未来永劫、今のこの光に照らされた被写体は見る事が出来ないのだ。

 被写体に注がれる日光も輪郭を揺らす優しい風も濃密な空間に浮かび上がる今だけこの様子が留まってそこに在る。そんな情景の一切がワシの身体の中に入りカメラの中に入りネットの中にも入り込む様は、まるでイメージが感染して行くような印象を持ってしまう。

 ネットに載った被写体を眺めているとまったく淡々と視ていた単なる風景だったはずの撮影時のあの寒々とした鋭角な空気感と、埃にまみれた道端の残雪や背中を丸めて足早に行く中年女性や喫茶店の中から窓ガラスを通して外の冷たさに愛想を尽かしている初老の客の目や、ブロック塀の影からワシを伺っている野良猫などが突然に親しみを持って現れ、実はそれらは町の一部であり同じ生活空間に暮らすワシの一部でも有りうるのだと納得させられてしまう。

 そしてそれらは実はとても美しいのだと知る事になる。

 すると淡い情熱を薄々と感じ、次はそんなようなスナップを撮ってみたいと痛烈に思ってしまう。ワシはそんなことの繰り返しで被写体を得ていたのではないかと思う。このような事があるとあの時、感情の一切合切が無くなってしまった方がどれだけ生きやすいかと言い放ったのを恥じ入り赤面してしまうのだが、感じられる事の破廉恥さを喜ぶべきなのだなぁと思った。

c0339627_10213366.jpg


[PR]
by ride-t | 2015-03-08 10:23 | 写真部 | Trackback | Comments(2)

陰影

 今年はあまり散歩が出来てなくて紅葉すら撮れてなかったのでストックから面白い紅葉をセレクトしてみた。

 ストックしてある写真の中で最も多いのが公園だっ。一年を通して撮っているので季節を目で追うことができる。

 ここ最近はこの写真のようにグズついた天気ばかりで太陽も見てないが、たまに覗く陽の光がそのシーンを面白く演出してくれる。

 光と影のメリハリがあると独特の異様な光景になるなぁ、なんか潜んでそう(笑)

c0339627_09093178.jpg


[PR]
by ride-t | 2014-11-17 09:09 | 写真部 | Trackback | Comments(4)

スタートシーズン

 気温20℃と言うのがワシの身体にも心にも丁度よくて何をするにも巧い具合にバランスがとれる。ちょっと肌寒いぐらいが適度な緊張を保っていられるのでこの時季は精神的に飛躍出来る。

 ワシは年間の写真のスタート時期をここに決めている。

 雪を被った立山連峰が美しい姿を魅せつけていたのもこないだの事で、ワシは相変わらずそーゆーチャンスにカメラを持ってなくて撮れなかったのだがスタートシーズンの幕開けとして最初にあの立山を拝めたのはラッキーな事だったと思う。何回も言うけれど、立山がスッキリと見られる日は年間を通してそんなに無いのだっ。だから、立山連峰は縁起物としてもワシの中に在る。

 今年は初心に帰ろうと思う。カメラを初めて持ったの頃のように単焦点からのスタートでEP-1には20mm、E-3には50mmをつけっぱにして準備を整えた。今年も達成感や満足感を多く感じられるよう、あの立山に拝んどいた。

c0339627_18393006.jpg


[PR]
by ride-t | 2014-10-21 18:39 | 写真部 | Trackback | Comments(4)

バイクとか写真とか介護などをして暮らすオッサンのブログ


by RIDE 高岡ライドと申します。