カテゴリ:二輪部( 59 )

66日

 ヤマハを手に入れてから66日が経った。その間ツーリングがあったり朝練があったりと走行距離は3551キロに達した。ワシにすればこの2ヶ月間で走った距離としては驚異的である。まぁそれほどヤマハに乗って楽しかったのだろう・・・、いや、慣れるために探ってたんだ。

 どう乗ればスムーズなのか、バランスはどうか、加速は? そんなこんなで何とかこいつの癖のようなものを掴んだ気がする。ドカの時もかなり探ってて苦労した覚えがある。当時のワシの個人的な日記に詳しく書いてあった。ワシはブログ以外に個人的に日記をつけているのだよ、しかも25年間だっだっだっ(笑)

 やっとマシンに慣れて来たなぁと思ったらシーズンが終わってしまう。雪国の宿命だっ。そしてワシは雪が降るまでの隙間で気温が高い日を探す。いや、待ち続けるのだ。今週の日曜日15℃もある。ちょっと狙ってみる!! まだ路面に塩を巻かないで欲しいなぁ・・・ダメだろうなぁ。

c0339627_12182549.jpg
OLYMPUS/EP-1/45mm/F2.0
この単焦点レンズは安いけど中々ですわ。


[PR]
by ride-t | 2016-11-29 12:20 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

最終ツーリング

 さとて、昨日はバイク屋主催のシーズン最終ツーリング(日帰り)に行って来ましたわ。これは恒例の焼肉ツーリングでもありますなっ。天気予報は雨マークがあったんですがワシのおかげで晴れです、ハレハレ。みんなワシのおかげって事を感謝して生きてってください。ワシは恩を二重にも三重にも着せる男ですっ(笑)

 でっ今回はなんと十数人参加の長い列で走りましたなぁ。ワシは十人以上はかぞえられないんで車種、オッサン名は省略ですが、仕事で参加できなかったオッサンTがここまで来てくれた事が嬉しかったりしますわ。

 という事で、午前9時半、石川県七尾市にある道の駅いおりで待ち合わせてから海岸沿い〜小山〜能登島ワインディングを流し道の駅なかじまロマン峠で休憩です。

 この能登島、XSR900とムルチストラーダで走った時の差異を感じながら、ドカティだとこーだがヤマハだとこーなるのかぁみたいな感じで走ってましたわ。正直ドカティよりスムーズで納得の行くものでしたわ。それが実はちょっと悲しかったりするんですなぁ。ムルチもいいマシンだったよ・・・でもねっ(笑)

c0339627_13321268.jpg
もうね、ここの肉は常にウマウマです。
でっ、食ったらしばらく寝ます「布団敷いてよー」・・・うそ
誰か食ったら横になれる店を作ってくれー!! 絶対流行ると思うけど。

 でっ、すぐ裏の峠を全速力で駆け抜けてからもうひと山を越えます。これがまた面白いほど細かいワインディングで本気で走ると汗が出ますなっ。そんなこんなでスポーツライドをして腹を空かせてから焼肉屋に到着です。食います、肉、食いまくります。腹パンパンにしてウエアーのチャックが上がらなくなってから帰ります。

 そんだば、帰路ですが途中千里浜によってソフトクリームとかイカ団子とか食いまくります。てか、さっき焼肉食ったばっかじゃん。腹がパンパンパンパンになったので帰ります。千里浜を後にしてもうひとつのスーパーワインディングコースを全力で味わってからバイク屋に到着!!

 今回も事故も逮捕もなく無事楽しい時間を過ごせてよかったですね(笑)という事でこれで全体のツーリングは終わったんですが、ワシはまだ行きたい場所が数箇所あるので雪が降る前に狙って走りたいと思いますわ。そんだば、また今度。あ、そうそう。今回の写真は全部iPodで撮りましたわ。

c0339627_13323358.jpg
手前のこの皮ツナギを着ている三人さん、もうアレですね、基地外ですねっ(笑)
10R、10R、ZZR1400の3人ですわ。
あんなスピードで走るなんて頭のネジ切れてますね、あ、ネジ無いのか。奴らアホですねっ(笑)
彼らはこのお店で最速トリオなんですが、実に美しい走りをすんですなー、ワシの憧れのオッサンでもありますわ。
でっ彼らの後ろにピッタリついて行くのが好きなんですが、まぁ彼らは本気の走りじゃ無いけれど、
今回は第1ステージ(能登島コース)は行けましたわ。
第2ステージ(中島峠コース)ではちょい離されましたわ。
第3ステージ(最後の峠コース)は、休憩地までついて行けましたが、後半戦はちょい離されましたなぁ。
でもワシには良い走りで納得でしたよ。



[PR]
by ride-t | 2016-11-07 13:49 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

秋の一泊ツーリング

 えー、天気予報ではずっと曇りで雨のマークすら無かったのに29日早朝、スタート直前に雨がドバドバと降って来たんですわ。もうドナドナ気分でカッパを着る羽目になってしまったんですなぁ。

 でもってワシらは一路、神戸を目指すんですよ奥さんっ。今回行くのはワシとは初めてのオッサンS君、オッサンU、バイク屋二代目、ワシの四人。10R二台もいるんですよ、SSに付いてこいってか(笑)

 って事で初日は神戸のポートターミナルホールに展示してある旧日本軍の「飛燕」いわゆる戦闘機の見学をしてから城崎温泉に行くんですなっ。

 飛燕はレストア、つまり復元してあってレプリカとは違うんですわ。本物のパーツを世界中から集めて作り直してあんですが、その行程が貼られててちょっと感動的で凄かったです。

 機体を目の当たりにした時「おおーっ」と声を漏らしましたなぁ。鉄砲の痕とか、作業者の手仕事の痕跡などがあっていろんな思いが複雑に絡み合った機体でしたわ。このレストアは川崎重工がやったんですな、なので神戸(神戸は川崎重工のホーム、ワシにはアウェー)

c0339627_19503328.jpg

 なんだかんだで午後4時半ごろ城崎温泉着きました。宿は初めてのところでドキドキでしたが、バイクのパーキングがシャッター付きの車庫だったり、場所が町の真ん中にあって外湯が近くて便利だったり、夕飯のご馳走が中々のものだったり、中居のおばちゃんが色んな意味で面白かったり。

 でっ宴会料理ですが、鯛の塩蒸し焼きは絶品でしたわ。アワビはバター焼きでウマウマ? ワシは貝類は嫌いだから食わんかったけど。牛しゃぶがまた量が多くて質も良くて激ウマで、ご飯が食べられないほど腹がいっぱいになりましたよっ。宴会でご飯食べ無かったの初めてですわ、それくらい量が多かったんですよ。

 で、帰りは「丹後半島ハイスピードスーパーライドワインディングコース」を流してからいつもの天橋立に寄って焼き栗を買いましたよ。なんか丹後半島コース今回はすっげー短く感じてしまったんだよなぁ。それは二代目も感じてたらしくて、結局いつもよりハイスピードだったからかなぁと結論づけましたが・・・。

 話は戻って、それでこの店でまったり時間をとって昼ごはんもここで食べましたわ。焼きさば定食ミニうどん付き、大変美味しゅうございました。他に栗アイス食ったりコーヒーや焼きちくわサービスしてもらったり、なんか我が家のようにくつろいでしまいましたわ。考えてみればこの店も10年の付き合いですかね。

c0339627_19531414.jpg

 という事であとは帰るだけ・・・ところがっ、高速でワシらの前にフェラーリーがっ!! あんなの乗ってるヤツだからきっとワシらにちょっかいを出してくるぞと思ったら案の定、前の車がいなくなった瞬間スタートダッシュチキチキ猛レースに(笑)フェラの加速後ワシらは6速ギアからのスタートですわ(笑)おフェラなんぞこれで十分ですなぁ、フェラリストはバイクの実力を知らんのか・・・ニヤッ!

 そーゆー遊びを数回やって退屈な高速がすんげー楽しくなりましたよ、みんな300キロぐらい出てたんじゃないのかなぁ・・・うそ。

c0339627_06022304.jpg
写真追加しました。
二代目がスマホで撮ったものです・・・ワシの姿が映ってますなぁ(笑)

 でっ、ワシのヤマハは初めての一泊ツーリングでこれまでドカティで体験していた色々なシーンでの、様々な違いや発見があったりで今回こいつと一緒に長距離と長時間を過ごし意味のある経験をしましたなぁ。なんだかんだでワシが思ってたのを軽く超えた走りを見せてくれたヤマハと一体になれたツーリングでもありましたわ。今回の走りでこのマシンに魂が入ったのを確認しましたよ、ええ生きてます生きてます!ワシはいいマシンを手に入れて幸せですわ。

 という事で本日、姪っ子のダンナが富山マラソン30キロに出走したのを祝して「カズ君よく頑張った、偉いっ、じっくり休んで体を再生してください」とか、ツーリングで船頭をしてくれたバイク屋二代目、今回は特に神戸関係で超疲れたかと思います「ありがとう、お疲れサマンサ」など。おしまい。


[PR]
by ride-t | 2016-10-30 22:02 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

56歳の秋なのだっ

 とうとうワシも四捨五入すると60の大台に乗ってしまう歳になった・・・なんか恐ろしいです(笑)

 が、まあ時間なんぞ幻覚と同じ、人間の想像的幻想的知覚を認識体現出来るよう形にしたようなモンなので、時間を無視して暮らします・・・すげえぇ言い訳(笑)・・・時間は幻想でも老化は現実なんだよなぁ。

 ということで誕生日なので朝練に行ってきましたわ。

 誕生日の枷なのかいつもよりなんかキビキビしてなくて、いつものようにアクセルを開ける気力もなくてなんとなく走ってしまった感がありますなぁ。まぁのんびりバイクを楽しんだような案配ですかねっ。

 仕事が溜まっているのでそそくさと帰ってきましたが、久しぶりにいい写真が撮れて良かったですわ。

 これでいいのだっ・・・いいのか? 大丈夫かワシ?

c0339627_16305051.jpg
能登の海/OLYMPUS-EP1/45mm/F6


[PR]
by ride-t | 2016-10-14 16:39 | 二輪部 | Trackback | Comments(2)

せせらぎる

 ワシはマシンの慣らし運転を終わらせようと、こないだの休日にせせらぎ街道まで遠出してきたんですわ。

 せせらぎ街道は高速コーナーの連続する気持ちの良い道で、ワシの ”好きな一本” でもあんです。この街道は紅葉になると車道の端に車がバンバン止まってて危険なので紅葉が始まる前に走ってくることを勧めますわ。まぁ、紅葉流しも良いんだけどねっ。

 さとて、せせらぎって来たはいいけど今回は実燃費を測ったりガス満タン(タンク小ぶりでたった14リットル)でいったいどれくらい走られるのかを確認したりしてマシンの実状を調べる走りでもあったんですなっ。

 結果として、タンク満タンで280~300キロ走ることが出来て、燃費はリッター20~23の間ぐらい。ドゥカティは13~15だったからべっくりです(笑)

 この10年の工業電子化学の進化とでもいうのか、随分と燃費が伸びたんだなぁと。というワケで1000キロ点検も終わって晴れて思う存分走られるんですが、今日も明日も天気が悪い。ええーいっくそをー。

c0339627_16351287.jpg



[PR]
by ride-t | 2016-10-08 16:38 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

神無月ついたち

 天気予報をうっかり信用してしまい、今日は絶対的な雨だと思っていたのに晴れて清々しい気持ちのよい天気になったのは大きな誤算だったなぁ(笑)予定をなにひとつ組んで無かったよワシ。なので、回覧板を回したり、町内の配り物をしたり・・・町内作業多すぎですわこの町。

 という事で、太陽サマサマなので毛布を数枚洗濯してガバッと開いて天日干しにしてますわ、この幸せ感ったらないねぇ・・・主婦化してますワシ。

 さとて、ニューマシンの方はまだ慣らしの段階で全開走行には遠いんですがなんとなくエンジンやブレーキ、クラッチ等のアタリが付いてきたような感じがしますなぁ。特に重要なブレーキはABSが効くまで試したりしてそのかけ具合を体に叩き込んでますわ。タイヤの方は慣らしを終えて削れるまで倒し込んだりしてますが、ワシにとって初めてのBSタイヤを味わってますがな。

 というワケでヘルメット内の掃除とパーツの洗濯もし、バイク用Bluetooth機器のメンテもしてこの天気と相まっていい気分で土曜の午後を過ごしてますわ。

 こんな完全な平和的な時間、特に空気感で言えば粒子が細かくなだらかなうねりを見せるような空間の中でリラックスできているなんて事がワシの人生にやってくるなんて思ってなかったので今日は、いや、誕生月というのは実に爽快なものだなぁとつくづく・・・。

c0339627_14325282.jpg
パルちゃん、たまに目線をくれます(笑)
圧倒的に犬の写真が多いですが、ワシは猫が好きっ!!


[PR]
by ride-t | 2016-10-01 14:37 | 二輪部 | Trackback | Comments(2)

インプレッション

 あいにくのクソ雨が続くクソ空模様だが、昨日はクソ晴天だったのでニューマシンの初乗りに行って来た。

 新車というのは慣らし運転が必要で、こいつの場合走行距離1000キロまではエンジン回転数を5000回転以下に抑えなくてはなら無い。と同時にタイヤも新品なので慣らしが必要だっ。

 という事で、いつもの朝練ルートを軽く流してきたワケだが今までの諸行は無常に終わった。このマシン、あまりにもスムーズでこの10年間ワシが必死でアタックしていた箇所をすんなりと実に軽快に当たり前のように駆けてしまったヨ・・・ワシの10年は何だったんだ?

 ドゥカティって確かに乗りにくくて扱いにくくて壊れやすいシロモノだが、ここまで乗りにくかった事に気が付いてなかった自分になんかこう・・・グッタリですわ(笑)

 でだっ、エンジンのセッティングはトラコンOFF(トラコンとはトラクションコントロール。ネットで調べれ)Aモードオンリーで走っている(Aはスポーツ走行、スタンダードは通常走行、Bモードは雨天走行みたいなもんだと思う)

 スタンダードモードだとかったるいし、巷でいうほどAモードが強烈すぎるという事はなかったのでワシは日常的にAモードを選択した。ただし、まだ5000回転以下での話。という事でやはり思った通りエンジンの面白さが前面に出てきてて乗り応えのあるヤツだった。

 慣らし運転を今週中に終わらせようかと思っていたが、クソ雨が止まず朝からクソ真っ暗なので来月早々にはクソ慣らしを終わらせようかと思う。にしても、2気筒とは違って3気筒はまた別次元のクソ楽しさがあり、それがこのマシンにたっぷり詰まってて良き買い物をしたなぁと天にクソ感謝した。

c0339627_17215734.jpg
iPodで撮影・・・ピンが甘いぞっ、iOS君!!


[PR]
by ride-t | 2016-09-28 17:26 | 二輪部 | Trackback | Comments(4)

インターカラー

 ヤマハインターカラーのタンクにワシは一目惚れだった。だから3ヶ月待ちでも我慢できたんだと思う。デザインは至って平凡で特にワシに訴えるハイテンションな造形は無い。がっ、奥ゆかしい美しさがある。だからこいつは牝だっ。まだ魂は入って無い。知らぬ間に入り込み、ふと気が付いた時にはワシの魂と共鳴しているハズだっ。

 カウリング無しのシンプルなネイキッドマシンは確かにワシの遠いあの日を思い起こす。18歳の頃ワシが初めて乗ったマシンにどこか似ている。最近のバイクのトランスフォーマーぶりを考えれば、このようなオーソドックスなスタイルは独自の品が見える。

 このマシンの特筆すべき点はエンジンだっ。ワシが今まで乗っていたドゥカティは2気筒、こいつは3気筒。世間に流通している大型マシンの多くは4気筒なので比較的珍しいエンジン形式でもある。ところがこいつがクソ面白いワケだ。

c0339627_16020678.jpg

 このエンジンとシャーシで既にMT-09とトレーサーと言う二種の別マシンがデビューしている。だからこいつは3兄弟の末っ子という事になろうが、エンジンとCPU特性は熟成されている。

 まだバイク屋のピットにあるのだが今日はちょっくら見て触ってタンクを舐めてきた・・・いわゆるマーキングだっ(笑)

 という事でこいつでワシの極端に異質な人生を謳歌する事にした。

 あ、そうそう、こいつの名は「XSR900」だっ。ドゥカティは1000ccだったのでちょっと減ったが、パワーは30馬力ほど上がっている。

c0339627_16021224.jpg
ワシは吊るしのまんま乗ら無いので色々と作業する事がある。
なのでバイク屋の二台目が時間をかけてセットアップしてくれた、感謝!!
ヤマハのマシンはSRX以来30年ぶりだっ。



[PR]
by ride-t | 2016-09-23 16:10 | 二輪部 | Trackback | Comments(4)

ラストワン

 もうワシんちにムルチストラーダは無いっ。

 今はバイク屋の倉庫にある。本体はボロボロなのでパーツごとに切り離してなんとかお金にする算段だが二束三文だろうなぁ。

 まぁとにかく、ムルチがあったから両親の介護を乗り切れた、ムルチがあったから今も生きていられる、ムルチがあったから脇に反れずなんとかやってこれたのは事実だ。

 バイクに乗るという行為そのものがワシにとって「信仰」となった。ワシの生活はそれほど切迫していたという事でもあるが、逃避としてバイクに依存していたのとは違うと思う。

 心の底からバイクを楽しめるようになったのは、オカンが施設に入ってからの事、つまりついこないだだっ。がっ、その時点でバイクの故障に悩まされてて走る事が苦痛にもなっていた。だからこそ、次のマシンで心底楽しみたいと痛切に願っている。

 一昨日、ムルチの最後の写真を撮った。長い間ワシを支えてくれた ”モノ” である。時として、この "モノ" の中に魂が宿る事がある。

 感謝!!

c0339627_07400952.jpg
thanks!! 最後の一枚

c0339627_20125010.jpg
ワシがいちばん好きなムルチの写真です 2011/10/29 雨晴にて撮影


[PR]
by ride-t | 2016-09-14 07:43 | 二輪部 | Trackback | Comments(2)

原点回帰

 ワシがまだ酸いも辛いも苦いも甘いもクドイも世間も知らない最強だったのは、二十歳をちょっと超えてた頃だったかと思う。

 ヤマハのマシンSRXをカフェレーサースタイルに組み直し真夏に北海道ツーリングに行って星空を眺め、ワシは生まれて初めて天の川を見て感動した。それまで、天の川は空想の産物だと思っとったからのぅ(笑)

 ワシはあの楽しかった頃の感覚をもう一度味わおうかと次に乗るマシンはカフェレーサースタイルにした。(YouTubeで「カフェレーサー」と検索すればなんとなく分かるかと)

 ワシはワシのバイク体験に於いての原点回帰で単にノスタルジックな感情だけではなくライフスタイルも変えなくてはならない必要に迫られ、しかもそれが短期間に何度も何度も襲ってきたので総合的に根本的に根源的に原初的に、せっかくのワシの人生を消化不良にせず真剣に遊ぼうと決意したような按配ですなっ。でも、その割にはワクワク感が乏しいけど・・・。

c0339627_12321898.jpg
グリコのおまけ、カブ&郵便ポスト


[PR]
by ride-t | 2016-09-12 12:33 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

バイクとか写真とか介護などをして暮らすオッサンのブログ


by RIDE(ライド)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30