ミラーレス

 ミラーレスと言ってもカメラの事ではなく車の事。

 以前から開発が進んでいるバックミラー、サイドミラーの無い車がそろそろ出てくるらしい。ミラーの代わりにカメラを備え側面から後方部全体をカバーしてコンソールに映し出すというモノだ。

 サイドミラーに限って言えば邪魔でしょうがない。風切り音も風の抵抗もあるのであんなモノないほうがいいに決まっている。もっと言えば、あのワイパーに変わるシロモノも早く作って欲しい。雨の日の鬱陶しいワイパーはどーにかならんのかといつも思うわ。

 という事で、バイクのヘルメットに後方カメラを取り付けて売り出そうとしていたベンチャー企業が集まった金で遊びまくってて倒産したが(笑)あのヘルメット事業を継いでくる会社がないのかその後全くあのヘルメットの事を聞かないですなぁ・・・バイクのミラーも邪魔なんだけどねー。

 バイク自体に側面、後方カメラをつけてヘルメットのシールドに映像を飛ばせばいいんだけど、確かそんなような開発をバイクメーカー各社がやっているって何かで聞いた気がするなぁ。BMWはもう完成間近だっけ? まぁ、近いのに遠くしてしまっている未来の話ですなぁ。

c0339627_01321455.jpg
ぬめぬめぬめぬめねめぬちゃぬちゃぬちゃぬめぬめぬめぬめねめ〜


[PR]
# by ride-t | 2017-07-07 01:34 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

 さとて、車を買い替えなきゃならん状態になって初めて気がついた事。

 ワシが二週に一回もしくは月一でオカンを施設から病院へ連れてって診察を受けさせる時、今までの車だったら何とか車椅子から抱き起こして車のシートに比較的簡単に座らせる事ができていたけれど、ワシが欲しいなぁと思っている車だとシートが高すぎてたぶん乗り降りがつらくなるんじゃないかと。

 そーすると車種選びはオカンの乗り降りを第一に考えないと決定ができないジレンマに陥ってしまうんですなぁ・・・ワシは後ろに車椅子や荷物が簡単に詰めるのがいいんだけれど、そーゆー車って大抵車高が高いんですわ。低床もあるにはあるんだけれど、バイクを買い換えた時のように「好み」だけで行けたらいいのになぁ。

 まぁ急がずともじっくり考えてみますわ・・・座らせ方のイージーな車なんだよなぁ基本は。

c0339627_03394483.jpg


[PR]
# by ride-t | 2017-07-06 03:40 | 雑談部 | Trackback | Comments(0)

サイクル

 自分の生活の何か、例えば今まで基準にしていたモノ、コトが変わっていく時がある。

 ワシの場合去年バイクをニューマシンにした時から色々なモノ、コトが変わっていった。細かく言うとそれは食べ物の好みだったり洋服だったりYouTubeの中に在るワシの ”見るべきモノ” だったり。

 多岐に渡って、気がつくモノ気がつかないモノが少しつづ変わって行き、最後には全体がすっかり変わってしまうような、いわゆる細胞にも似た感じのある種のサイクルがある。

 去年バイクを買い換えてから生活の軸がずれたように感じていたのだが、今思えばそれは生活のサイクルが変わっていく予兆のようなモノだったのだなぁと思う。

 こーゆーのは十数年に一度の周期があるように感じる。人によっては十二年周期だとか、十年周期だとか言っているみたいだが根拠は無い。単なる個人の直感である。

 今週に入ってから車が壊れて廃車にするコトに決めた。これも新しい何かが変わっていく過程の一つだなぁと直感した。約三十万キロ走った車に感謝してワシは次のサイクルの中で生きようと思った。

 まぁ色んなモノコトは巡るんだけれど、まだワシの場合 ”円” になってないから新しいサイクルなんだなぁと感じているのだと思うわ。なんだかシンクロニシティの一端がこにあるような気がしているが・・・ユングは分かっていたんだよなぁ。

c0339627_03173581.jpg
この向こう側はパラレルの別世界だったり・・・
多重次元が市民権を得ている事にワシはちょっと驚いたわ


[PR]
# by ride-t | 2017-07-05 03:20 | ちょい哲 | Trackback | Comments(0)

ふみづきふつか

 鉛色の暗い空が広がる真昼間、ワシの自信作の味噌ラーメンを食い終えてから自分に星三つをくれてやりおもむろにソファに横ンなって好きな時代劇を読んでいたら、なんかウトウトと、そしてついに寝落ちしてそのまま夕方まで熟睡した。

 その間、物凄い雨が降り続き注意報や警報がなんども鳴っていた・・・らしい。何事も、知らないってことは強いなぁと思いますわ。

 夕方もかなり凄い雨が降っていたんだけれど、以前に体験した雨の方が凄かったのでそんなに危機感は感じなかったわ。この程度なら・・・って感じ。これが読みの甘さなんだろうなぁきっと。

 にしても、この湿気の高さはなんなんだっ、仕事場なんか温度26℃、湿度80パーセント超えてて不快極まりない。ところが1日過ごすとこの湿気に身体が慣れてしまうんだよなぁ、凄い適応能力だわ人間って。

 という事で、今週はずっとこんな感じで雨が降り続くみたいですなっ・・・けっ。

c0339627_03271584.jpg
うちのタワーの展望室からの眺めですねっ


[PR]
# by ride-t | 2017-07-02 03:30 | 富山県 | Trackback | Comments(0)

 こないだからずっと近所の工事の粉塵のために洗濯物を外では干せないでいる。車も洗っても洗ってもドロドロになってしまうし、暑くても窓すら開けられないっ・・・常に弱者は最低の生活を強いられるんだよなぁ。

 洗濯物は室内干しにして下から扇風機を当てると早く綺麗に嫌なニオイもつかずに乾く。ただし、日曜日だけは工事が休みなので外に干せる。

 こないだの日曜日は薄めの毛布を洗って外干しにした。昼過ぎにはもう乾いてて、取り込んだ時に折りたたんだら「太陽の匂い」がした。この匂い実に久しぶりだっ。ちょっと前まで洗濯物全部に太陽の匂いが付いていたのになぁ・・・。

 工事現場にアンギラスが出現して全部ぶっこわしてくれ~、と切に願うワシ(笑)

c0339627_06451021.jpg
四年前に咲いたうちの紫陽花・・・もうぜってぇー咲かないんだよなぁ


[PR]
# by ride-t | 2017-06-29 06:48 | 家庭科 | Trackback | Comments(0)

梅雨空

 バイクに乗っているヤツらならばこの時期晴れていれば「とりあえず乗っておこう」と思うハズ。

 ワシは最近ずっとユーチュー部のツーリングVLOG(ビデオログ)ばかり観てて日本中を旅して回っている錯覚に陥っている。こうして家に居ながらにバイクに乗っているような雰囲気を味わっていると晴れているにもかかわらず「乗っておくか」という意識が薄くなってしまうから怖い。

 さとて、ツーリングVLOGの北陸編になるとみんな決まって千里浜なぎさドライブウエイを走っている。そこでワシが初めて気がついたのが千里浜で夕日を見るのがひとつの儀式のようになっていた事だっ。

 波打ち際にずらりと並んだバイク、車の目前に恐ろしく美しい夕日が展開してて感動的ですらある。これは一回生で見とかないとなぁと思った次第だっ。

 という事で今年も紫陽花は咲かなかったが、ガクアジサイだけは咲いてくれたので一安心、ふいーっ。

c0339627_02315875.jpg


[PR]
# by ride-t | 2017-06-28 02:32 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

ライド オン

 ユーチュー部を見ているとツーリングをしている奴らが楽しそうに走っている。しかも世界中でだっ。

 そこで気がついたのだが、例えば峠や山岳地帯のグネグネ道などは、日本では主に二車線で真ん中のラインは黄色になっている。つまり黄色い線は跨いではダメって事で、遅い車が先頭にいても追い越しも何もできないで付いていくしかない。

 ところが欧米の同じような道ではラインは白線で、遅い車がいたらみんなどんどん抜かしていくのだ。それは抜かされる車も反対車線の車も了解してて、ちゃんと交通ルールは成立している。

 こーゆー違いに自動車文明文化の歴史を感じてしまう。

 日本は国民をアホ扱いしているだけではなく子供扱いしてて、なるったけ国民に頭を使わせないように教育しているのだなぁ(笑)

 白線だと追い越しをかけていいかどうかをものすごく考える。危機感も責任感も養われるし何より考えて走る事を学ぶ。しかしそーゆー事は絶対にさせないのが日本だっ。全ていいなりで楽して走らされている・・・怖い国だよ(笑)

 という事でユーチュー部のツーリング特集で一番楽しいのはヨーロッパのアルプス越えをする連中のビデオだわ。車もバイクもみんな楽しんでいるのが伝わって来るんだわさ。あーゆーのを見ているとどこでもいいから旅に出たくなるねぇぃ。

c0339627_06053667.jpg
HONDA CRF


[PR]
# by ride-t | 2017-06-24 06:07 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

バイクとか写真とか介護などをして暮らすオッサンのブログ


by ライド  高岡ライドと申します。よろしゅうにっ!!
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31