幸せの日

 日本では四と言う数が嫌われているのだが、ワシは好きな数字の一つである。特に今日のような四が並ぶ日は ”四合わせ” の日として “幸せと” 読み、世間が忌み嫌う「死」を払拭しているのだが、これを歌にしたのがベビーメタルの「4の歌」だっ。まさにワシが書いた内容の歌詞で実に素晴らしい歌に仕上がっている(笑)

 今夜は久しぶりに巨人が勝っておっかさんの機嫌も良くなったので何かがワシを起こさなければ幸せのうちに安眠できるのではないかと期待している。

 ということで、世界中で最も原始的で陳腐極まりない選挙アピールの仕方がまかり通っているこの国で、いよいよあの最低最悪な騒音の塊である選挙カーが町を闊歩するので、今回は何人の正しき国民があの車に石を投げるのか見守りたいと思います(爆)ワシは今回は政党公約政治理念関係なく一番静かだった人に一票入れようかと思ったり(笑)

c0339627_22113243.jpg


[PR]
# by ride-t | 2015-04-04 22:14 | 雑談部 | Trackback | Comments(2)

春の眠りを邪魔する何か

 ここ富山県もやっと春になったようで凍結していたワシの心も柔らかくなりましたなっ。

 なんかこう、桜の開花が待ち遠しくカメラの手入れなんぞをしてやり過ごしてますが、最近不意に真夜中に飛び起きることが多々あって、それは深夜3時頃「あっ」と思い出した夢のような錯覚で、例えば夢うつつの状態で突然「あっ、洗濯機の中に入れっぱなしで干してなかったんだっ」と、飛び起きて洗濯場に走り洗濯機をのふたを開けると「おっ、なんにも無い・・・あっそーか、干したんだっけ」これで朝まで目が開いちまうんです。

 と思えば「あっ、電子レンジの中にコロッケ入れたままだっ」と、キッチンに走り開けると「んっ、そーだった夕飯に食ったんだ」とか、玄関の鍵を閉めてないとか、冷蔵庫のドアが開きっぱなしのブザーが聞こえるとか、トイレの水が出っ放しのような音がするなど・・・毎夜こーゆーのが続くんですなっ。なので寝たのか寝てないのかどーも分からん。

 たまにあんです洗濯物が終わったのに洗濯機に残したまんまとか、電子レンジの中に数日間も何かが残っていたりなど(笑)そーゆー事実を夢の中で反芻してんのかなぁと思ったり何かがワシの眠りを邪魔してんのかと思ったり・・・座敷童か、いや、座敷で寝てないし、ヤツは東北の妖怪だし・・・北陸まで遠征してんのか・・・新幹線で大量に移動してたり。北陸、座敷童うじゃうじゃ(笑)まぁいずれにせよ、春眠の心地よさがない寂しさは悔しいですなぁ。

c0339627_08370963.jpg


[PR]
# by ride-t | 2015-04-02 08:39 | 富山県 | Trackback | Comments(0)

弥生晦日

 気温20℃を超えた小春日和、おっかさんのベッドへと走ったワシはタオルケットやシーツや布団カバー等々を大量に引っぺがし数回に分けて洗い、そして全部外に干した。

 これです、これ。外に干せるってことが嬉しいんですなっ。室内でヒーターの風で乾かすような小賢しい真似をしなくていいんですなぁ(笑)

 太陽を浴びた洗濯物はものの半日で乾いてしまい、ベッドメークして完了。

 こーゆー事をやっていると充実感を否応なく感じるんですけれど、これじゃない感、つまり、ワシはこんなことでハイ状態になってても仕方がないのになぁと心の隅でチクリと針に刺されたような痛みを感じることもあんですわ。

 てなワケで、介護と仕事と家事の隙間を見つけたワシは今日バイクの初乗りに行ってきました。今年初の能登島往還でしたなぁ・・・ライディングハイです。てゆか、オイル漏れてるし、ずうっっっっと焦げ臭かったし・・・ダメじゃん(笑)

c0339627_20125010.jpg


[PR]
# by ride-t | 2015-03-31 20:14 | 二輪部 | Trackback | Comments(2)

春風

 日が昇ってから仕事場の窓を開け放ち空気を入れ替えた。冷たい粒子が部屋を蹂躙しワシの呼吸で生温かくなっていた空気は外へと飛び出していった。

 しばらく窓は開けたままに、ワシはキッチンと洗濯場でひと仕事をする。やがておっかさんを起こし服を決め朝げを並べてからデイサービスの用意と薬を整える。今日はおっかさんの風呂の日だっ・・・おっかさんは風呂嫌いで頑固に拒否するらしいので入れるのはかなり忍耐が必要ですと、笑いながらスタッフさんがよく言う・・・先月は5勝3敗だったらしい(笑)ワシはそんなシーンを思い浮かべながらおっさかんの着替えをバッグに入れた。

 小一時間ほどしてから部屋に戻ると室内はぬくい風を受けたらしくヒーターは必要なかった。

 ワシがその暖かな空気に包まれた瞬間、身体の奥に疼く乾いた衝動が突き上げてバイクへと誘われた。先月エンジンをかけようとしたがオイルが硬かったのかエンジンはかからずじまいだったので今回はドキドキものだった。数回セルを回したがボスボス言うだけでエンジンはかからず。ワシはバッテリーが上がらないうちにエンジンをかけたくてもう少し気温が上がるまで待つ事にした。その間、二ヶ月ぶりにバイク屋に足を運びスタッドレス交換やらパルちゃんと遊んだりして過ごし、昼ちょっと前に帰りまたバイクの始動に挑戦!!

 今度は十回目でやっとエンジンがかかりあの懐かしいサウンドが豪勢に町内に鳴り響いた。約四ヶ月ぶりの咆哮だっ。これで今年もいよいよシーズンが始まったと言っていいだろう。ワシはバイクで近所を一周してから汚れをふき取って仕事場へと戻った・・・巨人ボロ負けじゃんか、どーしたよ!!

c0339627_18381421.jpg


[PR]
# by ride-t | 2015-03-28 18:38 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

弥生雪

 やがて四月になろうかと言うこの時に、冬の最後の悪あがきの如くうっすらと雪が積もる。梅の花に絡む雪もまた見栄えの良いことだが、ここ数日少しばかりぬくい思いになれた肌は起きがけから鳥肌もので寒さと対峙している。

 ダラダラとすんなよっ、キッパリ立ち去れっ。と、心のうちはそんな叫びを天めがけ冬の驕慢を叱りつけている。そんな遣る瀬の無い弥生の空の下、ワシは吉川英治著作「新書太閤記(全十一巻)」を二百円で手に入れてホクホクであった(笑)

 吉川英治と言えば時代小説の大家でワシの好きな作家だが太閤記は初見だっ。寝食を忘れ今すでに九巻まで読み進んでいるが、この面白さは格別の幸福をもたらしている。所々、今の史実とは違うがそれを言うのは野暮というものだっ。歴史が解明されて行く途中の作品であればこその作者のイマジネーションの中に没することができる。久しぶりに良き本と出会ったので、この雪空に対してワシも少しは勘弁してやろうかと思えるようになった。

c0339627_08372104.jpg


[PR]
# by ride-t | 2015-03-25 08:39 | 図書室 | Trackback | Comments(4)

書き留める日常

 最近のおっかさんが始終やっていることのひとつに ”今現在の状況” をノートに書くというのがあって、これは自分の病「認知症」を自覚し記憶力の低下に危機感を抱いた末のことなのかどーなのかワシにはわからんが、とにかくノートとペンの消費がすごい。

 ちょうど、小説家が目に入る総ての事象を活字にしていくのと近いかと思う。

 ノートに書きなぐった ”今現在” はテレビの内容から食べ物、温度、気候など目に入った情報のほとんどが書かれてあるのだが、ものの数分でノートは丁寧に切り取られて真新しいページにまた今現在を書くといった感じ。なので終日のゴミ箱には大量のページが捨てられている。

 スーパー帰り、百均でノートとペンを買い込んでくるのが日常になっているのだが、文字を書くことはかなり頭にもいいことなので生きる方向としてはとても良いのではないかと推察する。

 しかし、おっかさんが書く文字の上手さと漢字率の高さには脱帽する。ワシの知らない漢字がすらすら出てくるあたり、さすが書道家だっただけあるなぁと感心しきりだっ。ノートだけを見ると誰もおっかさんを認知症とは思わないだろうなぁ。

c0339627_10271847.jpg


[PR]
# by ride-t | 2015-03-23 10:28 | 介護課 | Trackback | Comments(2)

庭の梅

 今週あたま、庭の梅が咲いていたのを見つけた。いつもならばすぐさま庭に出てカメラを構えレンズをあれこれと変えながら撮りまくっているのだが、今季はどーにも気が乗らないばかりかカメラを触る気も失せていた。

 本来ならば庭の大掛かりな掃除をしないと家主の面目というものが失われるぐらい荒れているのだが、ワシはそーゆー世間の視線をまったく気にしないので荒れたままにしてある。

 がっ、数本の樹が虫食いによって腐っていた。ショックだっ、以前家のシロアリ駆除をしたのに庭からまた攻められるのかよ、ガッカリだ。アリクイのレンタルってあんのかねぇ。

c0339627_09251997.jpg


[PR]
# by ride-t | 2015-03-21 09:27 | 家庭科 | Trackback | Comments(2)

バイクとか写真とか介護などをして暮らすオッサンのブログ


by RIDE 高岡ライドと申します。
カレンダー