卯月菜乃花

 入院中のオカンの状態が急転した。

 やはり腎臓の働きが悪く、認知症という病が祟って透析すら出来ずこのまま黙って見ているだけになった。医師からはそろそろ覚悟しておくようにと遠回しで言われ、とりあえずオカンの施設のスタッフに話し、退所扱いにしてもらった。

 ワシと姉は葬儀関係の話を進め、ワシは菩提寺の住職と話し全てが「いざ鎌倉」状態にしておいた。オトンの時の葬儀経験がモノを言っていると思う。

 さとて、ここでオカンが回復したら全てが水の泡だ(笑)笑っていられる状態ではないが、ワシにとって人を送り出す事はそーゆー事でもある。一般ピープルとは死生観が決定的に違うのだろう。宗教観を蹴散らすワシの屈強な人生哲学でもある。

 という事で、ワシがオカンの死を待つ事に耐えるメンタルを持ち合わせていた事に驚きもある。が、病院からの電話に恐怖感も感じている。かと言って世間一般のように「死」を悪とは思わないのであっさりしている。セラビィって事か。

c0339627_10493626.jpg
今年もたくさんの蕾がついた・・・ワシはこいつをオカンの薔薇と呼んでいる
オカンが勤めていた職場からもらった苗を植えたのが30年前ぐらいだったか、以来毎年美しい薔薇が咲くようになった


[PR]
トラックバックURL : https://snakriding.exblog.jp/tb/29479330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by コルキナ at 2018-05-07 16:56 x
やあ、ライドさん。こんにちは。

「待つしかない」ときがある。それは、否応無しに訪れる。年齢、性別、経験を問わず、全ての人に。

何も出来ないけれど、遠くから、願っているよ。
Commented by ride-t at 2018-05-09 04:37
おはよー、コルキナさんっ。

なんだかおとっつぁんの葬儀を思い出して色々と段取りしてるんですが、その足で病院に行くとオカンが元気良く「もう治りましたから、退院します」と叫んでて、複雑至極ですなぁ(笑)

あまり準備に余念がないのもちょっとアレですねっ。
by ride-t | 2018-05-07 10:54 | 保健室 | Trackback | Comments(2)

バイクと写真と散歩と音楽を愛し、介護などをして暮らすオッサンのブログです


by 高岡ライド
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31