2018年 06月 03日 ( 1 )

湯船

 こないだ姉ンちに風呂をもらいに行った時の事だ。

 ワシは首まで浸かるのが好きで、足を伸ばし浮力に任せてユラユラしていたら、子どもの頃ワシが風呂嫌いでいつもオババに無理やり入らされていた事を思い出した。風呂は今でもそんなに好きな方ではない、いやむしろまだ嫌いだっ(笑)でも、のんびりできる空間として満足している。

 疲れてグッタリしている時でも「ああ風呂に入らなきゃ」と、強迫観念が顔を持ち上げたりする。だから、ソファに寝たままの態勢で風呂まで運んで、服を脱がせて身体を洗ってなおかつ乾かして服を着せて、そして寝たままの態勢に寸分の狂いもなく戻してくれる。そんな職業の人がいたら嬉しいのだが。お風呂介助請負人とでも言うのか、まぁ湯船に浸かってそんな事をユラユラ思い描いてましたのさ。

c0339627_02464532.jpg


[PR]
by ride-t | 2018-06-03 02:50 | 家庭科 | Trackback | Comments(0)

バイクと写真と散歩と音楽を愛し、介護などをして暮らすオッサンのブログです


by 高丘頼杜 (タカオカ ライド)
カレンダー