カテゴリ:二輪部( 86 )

宙空の機雷

 晴れた日、バイクでのんびり走っていても体当たりする奴らは多いが、マシンが加速すると目前を飛んでいる虫たちは完全に避けられなくなる。

 ヘッドライト、フロントフォークに張り付いている虫の羽根や身体が粉々だっ。それに、ワシの身体にぶつかってくる甲虫の衝撃はなかなかのものだ。

 その中でも油断できないのが宙空をゆらゆらと浮遊しているトンボたち。こちらが50キロぐらいで流していても彼らは逃げられない。まるで宙空に設置してある機雷のような怖さがある。

 朝練のインターバルでワシはトンボが砕け散った残骸を丁寧に拭く。ヘルメットのスクリーンにへばりついた内臓や黄色い血みどろの残骸がむごたらしい。

 トンボの浮遊はこの時期は避けられないことだが、もう少し高度を上げて飛んでくれるとワシもトンボも助かるのに、奴らはあくまで地上2メートル以内をゆらゆらしているのだ。

c0339627_03542895.jpg
by OLYMPUS E3 YAMAHA XSR900&Sunflower


[PR]
by ride-t | 2017-09-03 03:59 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

色取り月ついたち

 休日だったのでのんびり昼練。

 緩いワインディングを気持ちよく攻めていると数年に一回だけ突然やってくる「完全な幸福感」が来たっ。前回はおとっつぁんがまだ生きていた頃だ。

 それは不思議な感覚で、意識も身体も無常の喜びで覆われてしまう。生きている喜びや、生まれ出た幸せや、この世界に居る感謝など様々な感覚、感情が渦巻いてその全てが幸福感と一体であり、世界とワシは一つなのだという感覚に襲われ、ワシとバイクが一つの球体になったかのような感覚で走るのだ。

 その時、自分の勘が研ぎ澄まされていくのがわかる。次を曲がった角に車がいるから気をつけようとか、人が数人歩いているとか、自転車がやってくるとか。この先には車も人もいないから加速出来るなぁなど勘が冴え渡った状態で走れる。目には見えてはいないが、眉間の中で見えているような感覚になる。何をどうすればいいのか分かっている感覚が続く。

 活字だと伝えづらいが「感覚の認知」なのか。まぁ数年に一回、数分、おそらく十分もないと思うが、正体は分からない。もしかしたらなんらかの脳内麻薬物質の分泌なのかもしれない。興奮状態での冷めた意識だっ。

 ということで、こないだのゲリラ豪雨の朝練のリベンジはきっちり果たせたので極上の休日となった。

c0339627_05544203.jpg
くまモンのキーホルだぁ


[PR]
by ride-t | 2017-09-01 05:57 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

朝 練

 北のミサイルが北海道上空を飛んだ日、ワシは一月半ぶりの朝練に出かけた。

 早朝の空は快晴であった。これならば気持ちよく朝練ができるなぁと喜んでスタートを切った。ところがだっ、真っ青な雲の向こう側に真っ黒な雲が待っていた。能登島に入った途端その雲からものすごい雨が降り注いだ・・・ゲリラだっ。

 半端ない勢いの雨の中、ワシは雨宿りが出来そうな場所を求めて走り続けたが、見つけたのは覆い茂っている木々の下。全身ずぶ濡れ、マシンはドロドロ、戦闘意識ゼロになったワシはゲリラが通り過ぎるまでのわずかな時間を呪いつつもその後の晴れやかな空と共に気持ちを切り替えた。がだっ、路面には川のように水が流れている。そこを走るのはかなり気がひけるのだが、走らにゃ帰れんからのぅ。

 というわけで、家に着く頃にはライディングジャケットはすっかり乾いててワシの心も渇きましたなぁ・・・朝連にならなかったわ、ある種の飢えがワシを襲ったなぁ。

c0339627_03581311.jpg
帰ってから洗車と洗濯とシャワー!
Photo by OLYMPUS E3


[PR]
by ride-t | 2017-08-30 04:01 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

昨日8/19はバイクの日

 昨日は早朝から晴れていたので海までバイクに乗って写真を撮ってこようと思い玄関前に来た途端、いきなり雲が広がり暗くなった。と思ったらザザ~ッと大粒の雨が降り注いできた。せっかくのバイクの日なのに・・・。

 最近こんな雨ばかりでまったく先が見え無い。天気予報はまったくあてにならないし、ゲリラ豪雨予想も外れてばかりだっ。

 つい今しがた、真っ青な空には真っ白な雲が広がってたと思ったら次の瞬間には豪雨になっている。洗濯物すら外に干すのが怖い季節になってしまったなぁ・・・秋はちゃんとした秋なんだろうか?

c0339627_02002068.jpg
by iPod touch


[PR]
by ride-t | 2017-08-20 02:01 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

鈴鹿8耐

 今年は仕事の都合で鈴鹿には行けないっ、悔しいのぅ。

 まぁ、幸いな事にレース状況はネットで盛んに流してくれているので嬉しいがあの臨場感が伝わらないのがもったいない。テレビもラジオも現場の空気感が伝わるようになるとモノホンの疑似体感を得る事になろう。

 レースの体感的臨場感と言えば最近ではマシンのいたるところにアクションカメラを仕込んで中継している。ワシが好きなのはリアタイヤ付近から見る後方のマシンの姿だっ。ピッタリ追いかけてくるあの様子にライダーの思惑が絡みレースのなんたるかを味わえる。これは映像ならではの魅せ方だ。

 という事でマシンに跨り海岸まで行ってきたが、いろんな意味でなんかもうひとつだった・・・何もかもがスカッとしない感じだったなぁ。

c0339627_04435672.jpg


[PR]
by ride-t | 2017-07-28 04:45 | 二輪部 | Trackback | Comments(2)

ミラーレス

 ミラーレスと言ってもカメラの事ではなく車の事。

 以前から開発が進んでいるバックミラー、サイドミラーの無い車がそろそろ出てくるらしい。ミラーの代わりにカメラを備え側面から後方部全体をカバーしてコンソールに映し出すというモノだ。

 サイドミラーに限って言えば邪魔でしょうがない。風切り音も風の抵抗もあるのであんなモノないほうがいいに決まっている。もっと言えば、あのワイパーに変わるシロモノも早く作って欲しい。雨の日の鬱陶しいワイパーはどーにかならんのかといつも思うわ。

 という事で、バイクのヘルメットに後方カメラを取り付けて売り出そうとしていたベンチャー企業が集まった金で遊びまくってて倒産したが(笑)あのヘルメット事業を継いでくる会社がないのかその後全くあのヘルメットの事を聞かないですなぁ・・・バイクのミラーも邪魔なんだけどねー。

 バイク自体に側面、後方カメラをつけてヘルメットのシールドに映像を飛ばせばいいんだけど、確かそんなような開発をバイクメーカー各社がやっているって何かで聞いた気がするなぁ。BMWはもう完成間近だっけ? まぁ、近いのに遠くしてしまっている未来の話ですなぁ。

c0339627_01321455.jpg
ぬめぬめぬめぬめねめぬちゃぬちゃぬちゃぬめぬめぬめぬめねめ〜


[PR]
by ride-t | 2017-07-07 01:34 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

梅雨空

 バイクに乗っているヤツらならばこの時期晴れていれば「とりあえず乗っておこう」と思うハズ。

 ワシは最近ずっとユーチュー部のツーリングVLOG(ビデオログ)ばかり観てて日本中を旅して回っている錯覚に陥っている。こうして家に居ながらにバイクに乗っているような雰囲気を味わっていると晴れているにもかかわらず「乗っておくか」という意識が薄くなってしまうから怖い。

 さとて、ツーリングVLOGの北陸編になるとみんな決まって千里浜なぎさドライブウエイを走っている。そこでワシが初めて気がついたのが千里浜で夕日を見るのがひとつの儀式のようになっていた事だっ。

 波打ち際にずらりと並んだバイク、車の目前に恐ろしく美しい夕日が展開してて感動的ですらある。これは一回生で見とかないとなぁと思った次第だっ。

 という事で今年も紫陽花は咲かなかったが、ガクアジサイだけは咲いてくれたので一安心、ふいーっ。

c0339627_02315875.jpg


[PR]
by ride-t | 2017-06-28 02:32 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

ライド オン

 ユーチュー部を見ているとツーリングをしている奴らが楽しそうに走っている。しかも世界中でだっ。

 そこで気がついたのだが、例えば峠や山岳地帯のグネグネ道などは、日本では主に二車線で真ん中のラインは黄色になっている。つまり黄色い線は跨いではダメって事で、遅い車が先頭にいても追い越しも何もできないで付いていくしかない。

 ところが欧米の同じような道ではラインは白線で、遅い車がいたらみんなどんどん抜かしていくのだ。それは抜かされる車も反対車線の車も了解してて、ちゃんと交通ルールは成立している。

 こーゆー違いに自動車文明文化の歴史を感じてしまう。

 日本は国民をアホ扱いしているだけではなく子供扱いしてて、なるったけ国民に頭を使わせないように教育しているのだなぁ(笑)

 白線だと追い越しをかけていいかどうかをものすごく考える。危機感も責任感も養われるし何より考えて走る事を学ぶ。しかしそーゆー事は絶対にさせないのが日本だっ。全ていいなりで楽して走らされている・・・怖い国だよ(笑)

 という事でユーチュー部のツーリング特集で一番楽しいのはヨーロッパのアルプス越えをする連中のビデオだわ。車もバイクもみんな楽しんでいるのが伝わって来るんだわさ。あーゆーのを見ているとどこでもいいから旅に出たくなるねぇぃ。

c0339627_06053667.jpg
HONDA CRF


[PR]
by ride-t | 2017-06-24 06:07 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

朝練

 あのグネグネ地獄から5日経って右手の痛みも消えたのでちょっくら朝練に行ってきた。

 いつもの海岸線から山ン中へ突入するコースなのだが走り終えてから感じた・・・なんかグネグネが物足りないっ、もっとグネグネが欲しい。そう、ワシは知らない間にグネグネドランカーになってたんですなぁ(笑)

 やっぱあのツーリングは恐るべしコースだったんだなぁとつくづく。しかも朝練コースのタイムが最高を記録したし。グネグネ地獄ってそーゆー事だったのかぁ。身体が群馬へ行きたがっとるのぅ(笑)

c0339627_09261373.jpg
この日は良き天気で今まで見た事のない海の色でしたわ




[PR]
by ride-t | 2017-06-16 09:28 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

 さとて、一夜明けて。

 熟睡できたワシは午前4時に起きて大浴場に泳ぎに行ってきましたわ(爆)ワシの貸切だったので自由形、背泳ぎ、バタフライと一人リレーを楽しんできました、ええ。ここって伊香保温泉でも数少ない源泉旅館なんですね、なのでお湯は黄色に濁ってましたなっ。

 と言う事で部屋に戻るとけたたましい音が響いてんですなぁ。なんだろうかと窓を開けるとすぐ脇の榛名山峠道を朝練している走り屋がドバドバ来るんですよ。なので5時から8時ぐらいまでバイク、車問わず走り屋たちの宴会が続いてましたわ。なんかここら辺は民家がないのでうるさくてもクレームが来ないんだろうなぁ・・・いいなぁこんな近くにこーゆー道があればなぁ。

c0339627_07130024.jpg
宿の部屋から見下ろした景色
左の山の中に朝練野郎がてんこ盛りに沸いてましたなぁ

 でっ、大広間での超豪華特盛バイキング朝食も美味しくいただき帰りは昨日走ったグネグネ榛名山コースから攻めます。なんかね、昨日走った印象とは違ってすげーリズムが取りやすかったのとスピードに乗れてイケイケでしたわ。道路も相性がアンデスメロン。そして次は最終グネグネ草津志賀高原コースです。

 ここは下りが肝で、以前走った時はブレーキフルードがフェード(熱を持って一時的にブレーキが効かなくなる現象)しましたなっ。と言う事で気合いを入れ直してイケイケで攻めたんですが以前よりリズムに乗れて上手く走れたかなぁと。多分前日までのシゴキが効いてたんですなぁきっと。

 さとて、高原のパン屋でボルシチを食べようと思ってたんですが、ロープウェイが動いてなくて別の場所まで移動しなきゃだったので取りやめにしましたわ。面倒くさいの嫌いな集まりですから(笑)と言う事で途中の道の駅で昼食をとりつつあとはつまらん高速道が続きます(爆)ワシらは高速道路が大嫌いで、グネグネ地獄より高速の退屈の方が圧倒的に辛いですなぁ。

c0339627_07130688.jpg
志賀草津道路、渋峠ホテル横・・・遠くに見えるのが立山連峰の裏側ですね
レレレ、レンズ左にゴミが付いてんだよー( ; ; )他の写真も全部こんな影が・・・嗚呼、くそー

 ちゅー事で一泊二日イニシャルDバトルコース巡礼の旅は事故も無く捕まりもせず無事に帰りました。各コースを走った印象としては富山県にない道のレイアウトが新鮮だったり、路面上のドリフト痕があちこちにあったりと漫画の影響がでかいなぁと思いましたに。結局のところ雨に降られたのが最初の1時間だけでしたが、その時のドロドロを落とすためにバイク屋に寄って高圧洗浄してから家に帰りましたわ。

 今回はコーナーが多かったからみんな右手が痛くなってんだわ、アクセルとブレーキの支点になる親指の付け根が痛くて痛くて。多分カーブの総数は300を軽く超えてますねっ、深いのも浅いのも細いのも大きいのも360度も走りやすいのもキツイのもいっぱいありましたなぁ。と言う事でグネグネ地獄コース来年も走りたいです、あとから思えばすげー楽しかったですよ、ええ。

 てなワケで、二代目は先導役、コース設定、幹事、オッサンのお守り等々色々お疲れちゃんでした。オッサン4D君、オッサンU助、オッサンM君、青年I君みんなお疲れちゃんっ。では次回のツーリングでっ!!

c0339627_08523611.jpg
スタート小一時間後の奥飛騨での休憩、ここはもう晴れていたんですなぁ・・・写真提供バイク屋二代目H

PS、追加、加筆、おまけ

 今回のコーナリング養成ツーリングを経て、XSR900のフロントブレーキが以前乗っていたドゥカティのブレンボ製に迫るくらいいい感触だったことに素直に驚きましたわ。車体の軽さもあんですが、今回は知らないコースだったのでフロントを引きずりながら旋回している箇所が多発してて、しかしかなりのスピードで突っ込んだときにもイイ感じで効いてくれててリズムに乗りやすかったですわ。こーゆーグネグネコースではリヤブレーキってほとんど使わなくてフロントオンリーなんですね、なのでフロントブレーキの良さに感心して帰ってきた次第ですよ、マシンはSSでもないのに、よく頑張ったなぁということでした・・・タイヤはBSの方が良かった(爆)


[PR]
by ride-t | 2017-06-14 07:16 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

バイクと写真と散歩と音楽を愛し、介護などをして暮らすオッサンのブログです


by 高岡ライド
カレンダー