<   2018年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

理由

 とにかく、人と言うものは理由(いいワケ)を作るのが巧いから聞き流すか、そこでビシッと言うか臨機応変にしなくては相手の逃げ場をも奪ってしまう。

 理由は自身に言い聞かせる最も効率の良いもので、どうにでも作られる。ワシは会社に遅刻した時の理由は全て「寝坊」としていた。これが最も効率が良く相手に納得された。それ以前は無難な理由が先に生まれ自分の逃げ場を確保してから仕事に望んでいた。

 当時、いくつもの失敗をした。だが同じ失敗ではなく様々な形の失敗である。それが経験として役に立つ事を知った時に物事の根底にある「意味」を感じた。

 その意味とは「理由」でもある。

 映画マトリックスの三作目に見える「理由(原因と結果、因果関係と存在について)」の意味を何度も繰り返して喋らせているのが引っかかった。やがてそのメッセージが存在の意味にまで繋がっていくと宗教の彼方にある "コトの善悪" を越えた宇宙的な教義のようなものに見える。真理でもあろうか? 「この世は泡沫(マトリックス)あの世が実在(ソース)」殆どの宗教の中に隠れている真理だろう。

 ワシはマトリックスを半年ごとに全作を観て、精神の淀みをリセットする。だからワシはもう宗教映画にしか見えなくなったわ(笑)

c0339627_03002254.jpg


[PR]
by ride-t | 2018-06-30 03:06 | ちょい哲 | Trackback | Comments(2)

花火

 朝練をしようと思ったのは昨夜だったが、決めたのは今朝の九時過ぎだった。だから実際にスタートしたのは十時過ぎになった。

 その途中、信号待ちで鼻先を流れる匂いに捕まった。花火の匂いだ。

 しかしこんな時間に花火をするものなのか・・・「そうか昨日の夜に焚かれた儚い線香花火が、名残惜しくて残り香を町に漂わせていたのかもしれない」ワシはそう思うことで決着を付けた。

 スタート時にそんな情緒を味わったせいか、朝練はいつもとは違った感触で新鮮だった。

 マシンのパワーモードを初めてスタンダードモードにし、トラクションを1に設定した。いつもは最強のパワーでトラクションは無しにしているので、なんだかマシンそのものが別物に感じてしまった。

 まぁ最近のバイクに積んでいるコンピューターが凄まじい仕事をしていると言うことなのだが、次回の朝練も色々と変えてみようかと思った。

c0339627_01332833.jpg



[PR]
by ride-t | 2018-06-27 01:32 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

自由

 ワシは神社仏閣はワリと行く方だと思う。がっ、御朱印集めに興味は無いし、パワースポット巡りでもない。

 そしてツーリングをしていると道の駅を使うようになった。かと言って全国道の駅スタンプラリーに参加しているわけではない。利便性で選んでるだけだ。

 一泊ソロツーリングの場合、Tポイントかポンタカードの使えるビジネスホテルに泊まる(笑)間違ってもキャンプなどは絶対的にしない。なぜなら疲れるからだっ。疲れた体をほぐしてくれる風呂が無いとダメなのだっ。

 と言うことで、独りになってワシのツーリング設定は本気になった。自由を手に入れた子供のような感じだが、その自由のために日々辛酸を舐めていることを忘れてはイケナイ。自由は不自由なのだっ!!

c0339627_03084996.jpg


[PR]
by ride-t | 2018-06-25 03:12 | ちょい哲 | Trackback | Comments(0)

旅鴉

 時に、何処にも属さず、独り淡々と走る喜びが全てに勝る時がある。

 鳥居をくぐってからの勾配は中々のもので、途中でひと息つきたい気分になる。しかし、新緑のトンネルの中は澄み切った空気が循環し全身を癒してくれるような錯覚を感じさせる。だからワシの足が止まることは無かった。

 この参道を撮りたくて一時間強の道のりを走った。この距離だと、まぁワシに言わせれば近所扱いなのだが、この白山比め神社は全国二千社以上ある白山神社の総本山として有名である。

c0339627_03395443.jpg

 ワシは写真を撮るためだけに走る時と、朝練のように攻めて走る時、目的も無くただ走って何処かで何かを発見する時がある。その時々に喜びがあり当然 "ソレ" に伴う苦痛もある。だが走り終えてからは全てが楽しさに変わっている。そして毎回、よく走ってくれたとマシンを労う。いつも旅は淡い期待で始まり、感謝で終わる。

 広大なパーキングにポツンと佇むマシンがなんだか "ワシの味" を出して見えた。ワシは目的を達成した喜びを抱いて帰路を楽しんだ。

c0339627_03393699.jpg


[PR]
by ride-t | 2018-06-23 03:45 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

宝石

 その日は午後から雨の予報だったのでワシは朝駆けをしようとは思ってなかった。しかし何度も天気予報を見るうちに午前中に帰って来られる距離を走ろうと決めた。

 いつものように海岸部、山間部を攻めに攻めて充実した気分でクールダウン出来た。しかしイメージしていたようなスムーズさは無かったと思う。ゆえに、朝練なのだ。

 そして、こないだの青色が脳裏に焼き付いているあの海に向かった。そこには様々な青が織りなす美しい海がワシを待っていた。

 この青はどう書けばいいのかしばらく考えたが、ターコイズブルーを敷き詰めた上にパールマイカを散りばめたようなメタリックブルーな海だった。これは素晴らしかった、この時期にしか見られない海の表情だっ。

 毎日正しく生きているワシのために天が褒美をくれたのだろう(笑)こんなに美しいものを見て心が豊かにならない奴はいない。ワシはしばらくブッダのような心で世間に接していけるだろうなぁ・・・うそ。

c0339627_04274435.jpg


[PR]
by ride-t | 2018-06-21 04:28 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

朗報

 朝っぱラッパーから庭の木を切り、全て80センチの長さにしてソレを束ねる事、山の如しですわ。大量すぎて試合放棄途中棄権しましたよ。

 で、ノコギリやロープなど玄関にほったらかしにしてバイク屋に遊びに行ってしまうという(笑)

 バイク屋でタンクを買い換えるとしたら幾らか聞いたら・・・七万円近くしたのでバンドエイドで十分ですという事になりました(笑)でっ、まだタンクの傷が精神的に圧迫しているというか、ワシ、タンクドランカーになってますなぁ。ドナドナはまだまだ続く感じです。

 がっ、朗報が一つあって、こないだワシが行けなかったバイク屋主催の一泊ツーリングが諸事情で無しになってたんですなぁ。それで来月改めてツーリンクが企画されてましたが、来月だとワシは四十九日すぎているので行けるかも知んない(笑)いえいーっ!!

 仕事のスケジュール次第なんだよなぁ・・・そろそろ宝くじ当ててリタイヤするかぁ、そしたら毎日がツーリング日和だぁ。

c0339627_03050716.jpg
命名、関根くん・・・大変美味しゅうございました、ごっつぁんでした・・・うそ、食ってません。


[PR]
by ride-t | 2018-06-19 03:07 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

事故

 事故ったわ。嗚呼、タンクの一等地に傷が付いてしまったぁぁぁぁ。大事故やぁ、一生後悔ですなぁ。

 と、言う事で詳細を・・・事の発端は、バイクにレーダーを取り付けようとミラーステーを緩めてた時、軍手をしていたワシの手からスパナがポロっと落ちたんですなぁ。そしたらそのままタンクに当たって窪んでしまったと言う。軍手、散々踏みつけてから燃やしてやりましたよ、ええ。

c0339627_03155315.jpg

 このタンクはアルミ製でなんと手作業のヘアライン加工なんだよぉ、うっぅっぅっ。とりあえず応急処置しといたけどねっ・・・。

 まぁでも一週間ドナドナ気分で過ごせますよ、ええ。じゃっ、そーゆー事で。

 あー、なんか自分クッソーだわ(笑)

c0339627_03162545.jpg
速攻で直しました。完璧ですね。


[PR]
by ride-t | 2018-06-17 03:21 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

青寂

 ワシのiMacの壁紙は一年を通して四季折々に撮ったワシのマシンが飾っている。その壁紙を新調しようかと思いいつもの海まで走った。

 どーしても午前中の光の中で撮りたかったので早めのスタートに。その甲斐あって優しくて強い光がぐるりとマシンを囲み、誰も居ない青い空間の中の異質な物体として見栄えていた。

 "異世界感がすごかった"

 それだけではなくて海が絶句するほど美しい表情をしていた。凪の海はよく見るが、ワシにここまで美しい静寂な青を晒していたのは初めてかもしれない。空の青も手伝って近年稀に見る素晴らしい壁紙ができたと思う。

c0339627_00594354.jpg
OLYMPUS EP1 いつもの海・・・能登富来海岸の海


[PR]
by ride-t | 2018-06-15 01:03 | 写真部 | Trackback | Comments(0)

辛辣

 文学賞、或いはその線の作家原作の映画化された作品は面白いのがいっぱいある。

 多くの映画が事務所経由タレント先行でシナリオが作られていくのでクソつまらんのばかり。さらに、最近の漫画原作もの志向が仇となり、有名人の気合の入ったコスプレ映画ばかりが並んでいるこの悲しい現実を踏まえると、正しくシナリオ展開した映画は、普通以上に観られるレベルにまで仕上がっているのが嬉しい。

 今回観たのは「勝手にふるえてろ」原作は芥川賞作家の綿矢りさ氏。ワシは小説は読んでいたのだが、主人公の松岡茉優がすごく良かったので小説を読み返したほどだっ。松岡って底恐ろしい役者だわなぁ。

 久しぶりに良質の映画が観られて良かったです、ニンニン。

c0339627_04263470.jpg


[PR]
by ride-t | 2018-06-13 04:31 | 映画部 | Trackback | Comments(0)

洋楽

 YouTubeでベイシティ・ローラーズを観て、次にFoxOnTheRunやActionがヒットしたSWEETを流していたらどんどんリンクが進んでELPに行き着いた。ここでしばらく聞き惚れていたが次のリンクがLedZepだったのでフィジカル・グラフィティをフルで聞いた。

 別に音質の悪いYouTubeじゃなくてもワシのiTunesに入っているのだが、firetv経由でテレビからLedZepが鳴っているのがとても新鮮だったのでそのまま最後まで聞いていた。

 やっぱアレだなっ、LedZepギターのリフが絶品だよなぁ、名曲揃いだっ、すげーわ。

 と言う事で雨の月曜日・・・なんか月曜日ってテンションあがんねぇーよなぁー。なので、本日は湿度の高いブリティッシュロックに身を包まれて生きていこうと思います。皆さんも、頑張らなくていいです。

c0339627_07001531.jpg


[PR]
by ride-t | 2018-06-11 07:02 | 音楽科 | Trackback | Comments(0)

バイクと写真と散歩と音楽を愛し、介護などをして暮らすオッサンのブログです


by 高岡ライド
カレンダー