ではここで選手の紹介です。
  まずは、先頭を走るのがバイク屋の二代目H隊長、彼を追うのが県内ライダー最速男の4DAY君、次に続くのが、最近10キロ近く痩せたUすけ君、そしてワシ。で、最後尾から追撃するのが野生のオッサンAです。
  では本題、今回のツーリングは観光無しのワインディング本気走りツーリングですわ。なので、西伊豆スカイラインに入るやいなや、先頭を駆る二代目の脳内がアドレナリンドバドバ状態になり、隊列全体がヒートアップ。
   ワシらは一匹の蛇になったかのようにワインディングをグネグネと軽快に滑走してたんですわ。
  ところがっ、先頭2台のスピードがマシマシ。暫くは食い付いてたが、複合コーナーの連続を抜けてから彼らのケツが見えなくなるほどの距離に!そしてあの忌わしい事件が・・・続く(笑)
c0339627_03271371.jpg
途中休憩したサービスエリアです。

[PR]
# by ride-t | 2018-10-23 02:57 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)
  沼津で罰ゲームのようなカレーを食ったワシらは一路、伊豆を目指します。大渋滞の沼津市の街中を抜け、フナムシが大量に湧いたような釣り人だらけの海沿いを走ります。
  やがて西伊豆スカイラインへと続く山道へ差し掛かり、大好きなコネコネワインディング地獄に突入です。
  このワインディングは中々で、リズムが合えば最高ですわ。そして念願の西伊豆スカイラインに到達です。
がっ、軽快に走るワシに事件が・・・続く。
c0339627_02454977.jpg
西伊豆スカイラインから見た駿河湾

[PR]
# by ride-t | 2018-10-22 02:36 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

スタートはクソ雨

  さとて、結局のところワシの家から集合場所までだけカッパが必要で、その区間、時間だけがクソ雨が降っていたんですなぁ。ホンマむかつくわ(笑)
  では午前六時、町外れの道の駅には五人のオッサンが集まり、伊豆を目指しました。ルートは、富山県から東海北陸道〜新東名〜静岡〜沼津。ここでお昼ご飯のカレーハウスJIBの巨大カレーを食らいました。
追加、ここのカレーは具が凄くてちょっと手こずる程の対戦相手でしたわ。ポイントスタンプをも貰ったのでまたいつか食べに行こうかと思います。
c0339627_23153781.jpg

  

[PR]
# by ride-t | 2018-10-20 22:57 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

宿命としてのクソ雨

  ツーリング当日の天気、あー、やっぱり富山県だけ雨だわ(爆)なので、雨の降り様が小さければカッパ無しで走ろうかと決めた。
  細かな天気予報で調べると、ルート的にも富山県を数キロ超えたらもう晴れているんですわ。
  と言う事で、ライディングウェアとブーツには防水剤を、ヘルメットには撥水剤を塗って対処するけど、スタート時土砂降りだったらカッパなんだよなぁー。
  北陸の気候って本っっ当クソだな(笑)
c0339627_17500447.jpg


[PR]
# by ride-t | 2018-10-17 17:41 | 二輪部 | Trackback | Comments(2)

ワクワクのパッキング

  明日が遠足の子供のような感じで落ち着かない(笑)まぁとにかく、パッキングだけやっとくか。と、ワシはワシをなだめた(笑)
  ワシは、タンクバッグ、シートバッグ、ウエストバッグの3種で走るので、それぞれに荷を詰めてまとめた。
  ヨーロッパのライダー達はバックパックを背負って走るのが多い(YouTube比)が、彼らは本物のアルプスを越えるんだよなぁ。凄いよなぁ!
c0339627_05471303.jpg


[PR]
# by ride-t | 2018-10-16 05:27 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

御利益

  来週末は一泊ツーリングで、伊豆方面のあらゆるワインディングを走破する予定だっ。そのために 、特にカッパの防水機能の強化に力を入れたが、今のところカッパはいらなさそうだ。
  カッパのないツーリングって奇跡みたいで涙が出るわ(笑)
  ワシのタンクバックにはテルテルボンズがおる。コイツのおかげなのか?
c0339627_13224639.jpg


[PR]
# by ride-t | 2018-10-14 13:12 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

北陸の道は蜜の味

  秋晴れだっ。久しぶりにスカッと抜けた空が見える。青空と言うだけで幸せ感が身体中に押し寄せてくる。ただそれだけで明日も頑張れそうな気力が出てくる。
  来月後半から来年の春まで鉛色の雲に閉ざされた空が広がるのだと思うだけで、気力を散らされる。
  心底ワシはここの気候が嫌いだっ。がっ、地形は好きなのだっ。バイク乗りならば絶対的に楽しい道があちこちにある。だから、離れられないこの逆ネジ直下型ジレンマ!
c0339627_12474341.jpg
  

[PR]
# by ride-t | 2018-10-13 12:36 | 二輪部 | Trackback | Comments(0)

Hardcore Rider


by 高丘 ライド
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31